ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルメなら絶対行くべき!奥深き西アフリカのマーケット料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: 「アフリカ旅行の道祖神

(※本記事は”旅の専門店連合会「たびせん」の寄稿記事となります)

旅先での市場散策は海外旅行の醍醐味の一つ。ローカルな雰囲気を味わいたいときには、もってこいの場所です。今回は西アフリカの田舎マーケットの様子を紹介します。

市場はハレの場

アフリカでもちょっとへんぴな場所、流通が発展していない場所では、村々が持ち回りで市場を開き、食料や生活品を補い合っています。市場は村で生活している人たちにとってハレの場。女性は張り切ってカラフルなドレスでキメてくるので、市場一帯は色とりどりになります。おじさんたちはミレットビール(麦ではなくアワやソルガムなどの雑穀のビール)に舌鼓を打っています。

この市場で何より楽しいのはローカルフードの食い倒れ。日本の食生活では見かけない食材や料理に出会うと、思わず口にするのをためらってしまいますが、その期待を良い意味で裏切ってくれるのが西アフリカ料理です。特にスープの味付けには奥深いものがあります。

プラスチックの容器に盛るので上等な料理には見えないのが悲しいですが、ママたちが早起きをして火をおこし、魚の干物や鶏がらでダシをとり、ニンニクや生姜をすりつぶして入れ、野菜、鶏肉や牛肉、魚を入れ、スパイスを入れて煮込んでいます。

調理に5時間ほどかけることもあるのでおいしくないわけがありません。有名なものとしてピーナッツバターで煮込んだシチューの「マフェ」や、マスタードソースで煮込んだ「ヤッサ」などがあります。他にもホウレンソウのペーストを使ったものや、オクラをベースにしたものなど種類もたくさん。

日本のアレに似ている食材も?

Photo credit: 「アフリカ旅行の道祖神

また、見ただけではわかりにくいのですが、市場では日本の食材に似ているものも発見できます。

例えばネレの実(マメ科)を発酵させたスンバラというもの(上記写真)。一見なんだかわかりませんが、納豆と同じにおいがします。これをマギーブイヨンのように スープに投入するだけで、いい味がつくという便利なものです。これは日本では大徳寺納豆と呼ばれる、納豆菌ではなく麹菌で発酵したものに近い(味噌にも近い)食品だと言われています。

他にも、豆腐に似ているものがあります。ただ違う点として、水に浸す代わりにソルガム(モロコシ)の液で赤く色付けされており、チーズのような歯ごたえになっています。

市場で泥だんごのような真っ黒で丸いものを見つけたら、それは栗です。皮だけが焦げて真っ黒になっているだけなので、皮をむけばおいしい栗を味わうことができます。焼き芋ならぬ焼き栗といったところでしょうか。

調味料では醤油(魚醤)に近いものがあります。魚の燻製(あるいは干物)を塩で漬けこんで発酵させ、魚を取り出して天日干ししたものです。

Photo credit: 「アフリカ旅行の道祖神

ローカルな市場を何となく歩くだけでも、たくさんの興味深い食べ物に出会えるはずです。素人目でもいろいろな驚きと発見がありますが、料理に精通した人にとってはかなり刺激的な場所と言えるかもしれません。ぜひ現地のママたちと、料理の話で盛り上がってほしいと思います。

ライター:アフリカ旅行の道祖神

この記事のツアーはこちら

旅の専門店連合会「たびせん」(「旅ノート」)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP