ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの中の人工知能!!「パーソナルアシスタント機能」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

30年前のビジョンが現実になった

まずはこの動画をご覧いただきたい。1987年にApple Computerが作ったコンセプトビデオ「Knowledge Navigator(ナレッジ・ナビゲーター)」。コンピューターがユーザー一人ひとりの個人秘書、つまりパーソナルアシスタントとして、あらゆるニーズに対応している未来が描かれている。そして、この28年前の未来予測が、今まさに現実になりつつあることに驚きはしないだろうか。

スマホやタブレットに搭載されているパーソナルアシスタント機能とは、ユーザーの音声を認識してあらゆるタスクをこなすこと。スケジュール管理、リマインダー登録、電話をかける、インターネット検索、現在地の天気や地図の表示などが音声で指示できてしまう。反応するのは、あらかじめ登録した音声のみ。まさに”個人秘書”といって差し支えないだろう。

パーソナルアシスタント機能の草分け的存在は、Appleが開発したSiri。ほかにもGoogleのGoogle NowやMicrosoftのCortana、AmazonのAlexaなど、人工知能を使ったパーソナルアシスタント機能のサービスリリースが相次いでいる。

初めてパーソナルアシスタント機能を使うなら、こんなことから始めてみよう

パーソナルアシスタント機能を使いたくても「音声入力するのはなかなか恥ずかしい」と思っている人もいるだろう。そこで入門編として最適な「便利な使い方」をいくつかご紹介しよう。

■料理をしているときにレシピを参照する

多くの人は料理をする際に両手を使うはず。仮に手が空いていたとしても、水で濡れているだろうし、肉を触った手でスマートフォンは触れないだろう。あらかじめ端末を設定しておけば、Siriでは「Hey, Siri!」、Google Nowでは「OK Google」と呼びかけるだけで、スリープ状態から端末が復帰して、レシピを検索してくれる。SiriはiOS 9以降、充電中でなくても「Hey, Siri!」で呼び出せるようになった。

■電気を消して布団をかぶった後にアラームを設定する

メガネを外した! コンタクトレンズを取った! さあ寝るぞ! そして、あなたはしばらくして、目覚ましのアラームをセットし忘れたことを思い出す。電気は消した。もうベッドに入って寝る準備は万端。今さら起きてメガネをかけるのは嫌だ……。そんなときこそ、大声で叫ぼう「Hey, Siri、6時間後に起こして」「OK Google、明日の朝7時に起こして」。まさにパーソナルアシスタント!

■人前なら、電話をかけているフリをしながら

街中でふとアイデアが浮かんだとき、パーソナルアシスタント機能は備忘録として役立つ。その際、Google Nowでは「○○さんに電話とメモ」と、最後に「メモ」を入れるとメモアプリと、Siriでは「○○さんに電話とリマインド」と、最後に「リマインド」を入れると「リマインダー」に、それぞれタスクを自動追加することができる。スマホに向かって話しかけるのが恥ずかしいという人には、電話で話しているフリをしながらがオススメ。……そのうち慣れちゃいます。

買い物やホテルの予約までできるようになる!?

そして、今、パーソナルアシスタント機能で話題となっているのが、Facebookが提供予定の「M」だ。こちらは音声認識ではなくテキスト入力がメイン。人工知能だけでなく「Mトレーナー」と呼ばれる専属スタッフも対応し、検索だけでなく、買い物やホテルの予約を完了するところまでサポートするという。一体、どこまで便利になるのやら……。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP