ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅の始まりの町、品川宿のブックカフェ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅の始まりの町、品川宿のブックカフェ
J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」のワンコーナー「PIN UP」(ナビゲーター:岡田マリア)。14日のオンエアでは、品川にオープンしたブックカフェ『KAIDO books & coffee』を紹介しました。

京急・北品川駅を降りて少し歩くと見えてくる、古い街並みを残した商店街。旧東海道として知られるこの道沿いには、江戸時代から続く下駄屋さんや金物屋さんなど、昔ながらのお店が軒を連ねています。

そこに、今年8月に新しく仲間入りしたのが、『KAIDO books & coffee』。コンセプトはディープな旅好きが集う場所。宿場町として賑わったこの町に再び人が集まってほしい、ここから何かを発信したいと、地元品川を愛する若者たちが中心となって、その思いが形になったお店です。

同店のこだわりは、もちろんその蔵書。1階と2階のある店内には、旅や道の本を中心に、約1万冊が並びます。その多くを仕入れたのが、やはり北品川にある古書店「街道文庫」。街道好きが高じて専門古書店をオープンさせたという、旅のエキスパートであるオーナーが集めた本は、ディープな旅好きをも、うならせそうな貴重なものも。一方で旅を特集している最新の雑誌も販売しています。最新情報と、ちょっとディープな旅本を合わせて読むことで、ガイドブックどおりではない、自分だけの旅プランを練ることもできそうですね。

そして、もう一つのこだわりが読書のお供に欠かせないのがコーヒー。地方のロースターから豆を仕入れていて、現在は熊本県と山梨県から仕入れています。どちらも、クオリティの高い「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるコーヒー豆で、精製方法や焙煎、淹れ方までこだわり抜いた、選りすぐりの一杯を味わうことができます。そんなおいしい一杯との出会いが、旅のきっかけになるなんてこともあるかもしれませんね。

江戸時代に旅の始まりの町として栄えた品川宿で、本と全国各地のコーヒーを楽しみながら、旅に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。きっと旅に出かけたくなるはず。

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。