ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSマナー 食事会での集合写真投稿タグ付けも相手に確認を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SNSが普及しているが、きちんとマナーを理解している人はどのくらいいるだろうか。例えば、食事会での集合写真、SNSに投稿してもいいものか?

 写真の投稿NGの人がいる場合は、その人抜きの写真を撮り直すか、撮影済みの写真の顔など、個人を特定できそうな部分をスタンプなどで隠すといい。特に子供が写っている場合は、慎重な取り扱いが必要だ。

 ITジャーナリストの高橋暁子さんはこう解説する。

「写真を共有にし、“いっしょにいる人”として、Facebookでタグ付けされると、他人に見られたくない姿を公開してしまうことも。勝手に投稿せず、タグ付けする場合も許可をとりましょう」

 また、LINEやメールで使わない方がよい表現はあるのだろうか? 文字で気持ちを伝えるメールは、使いかたを間違えると、トラブルの原因に。

「直接話せば何でもない言葉でも、文字情報のみだと冷たく、キツく受け取られることがあるんです。特にSNSの場合はできるだけやさしい言葉を選び、顔文字やスタンプを上手に利用して。同じ言葉を使っても、“バカ”より“バカだな○(ハート)”などニュアンスをやわらげること。顔が見えないからこそ細心の心配りは欠かせません」(高橋さん)

 文字は誤解を与えやすいので要注意。

※女性セブン2015年10月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
内職系仕事 ツイッター1クリック1円~動画投稿1万回千円~
「素人H写真投稿は平和だがAVはある意味残酷」と杉作J太郎
人は「えー」と発言するたびに信頼感が低下 「あのー」も×

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP