ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事・恋愛・プライベート。あなたが現状に満足できない「5つの理由」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カウンセラーのF.Emelia Sam博士は、こう警鐘を鳴らします。社会生活のなかで責任や同調を理由に、私たちは「心の深部にある“自分の声”を無視しがち」であると。モヤモヤと気持ちが晴れない社会人のために、いますぐ見直すべき5つのサインを紹介しています。

01.
自分のことは後回し
だから、充足感がない

私たちの思う「安定」とは、お金に余裕があり、何の努力もせずに生活していくこと。こう考える人がどれだけ多いことか。ですが、自分の心の状態をチェックしてみれば、そうではないということがよく分かるはずです。
自分の目標とは、まったく違ったことばかりしていては、最終的には心身ともに疲れ果ててしまうもの。つまり、あなた自身が充実していると感じなければ、いつまで経っても、満たされることなどありません。

02.
「NO」が言えない
他人に意見を合わせがち

恋愛において、こんな経験があるはずです。「◯◯をしたい」と口にしても、最終的にはその反対のことをしてしまう。他人と関わり合うとき、折合いをつけることは大切です。でも、相手の趣味趣向に合わせて妥協しても、価値観や考え方まで妥協してしまうのは考えもの。安定した環境に甘え、自分の信念にまで妥協していては、いつか自分自身を見失ってしまいます。

03.
本心はモヤモヤ…でも、
無理に納得しようとする

「安定感」の不思議なところは、必ずしもあなたに安定した気持ちを感じさせないということろ。あなたは自分を納得させようと、日々の生活を前向きに考えようとします。ですが、そこには空虚な心があるだけ。自分の生活に感謝したり、納得することは素敵なことだけど、空虚さを打ち消すことができなければ、心は永遠に満たされることはありません。

04.
友人や同僚の成功を
密かに嫉妬してしまう

友達や同僚の成功を知ったとき、あなたは正直どう思いますか?表面的には、相手の成功を祝うことができたとしても、心の奥底に、強い嫉妬心が潜んでいるのかもしれません。自分の夢に生きる人のことを応援できない。それって、悲しいことだと思いませんか?。

05.
正当化しようと
必死に言い訳

安定を求める人ほど、自分を正当化することに長けています。自分が選ばなかった道は「魅力的ではなかったから」と、言い訳しようとする。彼らは自分を正当化しようと、物事が上手くいかなかった理由をあれこれ言うでしょうが、「挑戦するのが怖かった」とは、決して口にしません。そればかりか、茨の道に挑戦した人を軽視しようとさえします。
人生が壮大である必要はもちろんありません。それでも、道半ばにあるチャンスを摘みとれるか否か、そこがカギなのです。

Sam氏は、こうも言います。現実的なように見えて「安定はただの欺瞞である」と。本当の自分を見失ってしまう理由は、ここにあるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

アナタとの関係を「遊び」と思ってる8つのサイン。一つでも当てはまったら要注意!
付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・
長続きするカップルに共通する「8つのサイン」。とくに#8は意外

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP