ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、デベロッパーコンソールにアプリ広告の出稿機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android アプリの提供者向けにデベロッパーコンソールでアプリ広告の出稿機能を提供開始しました。アプリ広告は、アプリの AdWords 広告のことで、Google Play ストアの検索結果の最上位表示で目にする「広告」と表示されたものがそれです。デベロッパーコンソールから広告を出稿すると、Google Play ストアだけではなく、YouTube、Google 検索、Google ディズプレイネットワークにも広告を表示させることができます(これが Universal App Campaign という機能)。この Universal App Campaigns という仕組みを使えば、Google Play ストアのアプリページから画像や説明文を読み込み、自動的にサービスに合った広告レイアウトが作成されます。Google はまた、Android ユーザーがどのルートで自分のアプリを発見し、インストールしたのかを確認できるパフォーマンスレポートも追加しました。Source : Google

■関連記事
Sony Mobile、スケッチアプリを6.4.C.0.1にアップデート、作成した画像を公開できるフィード機能が追加
「HTC One A9」がGFX Benchに登場、Android 6.0を搭載
「HTC One A9」の商品ページをフランスのキャリアがフライング公開、筐体デザインや一部スペックが明らかに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP