ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

想い出の品に永遠の命を…世界にひとつだけの石膏アートが美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫
tactile studio

プリンターの進化にともない、無限の可能性が広がる3Dアートの世界。

そんな便利な世の中にも関わらず、コツコツと手作業で作品を作り続ける、ロンドン在住の女性アーティストがいる。

彼女の名前はレイチェル・デイン

デイン氏が手掛けるのは“石膏模型アート”。

tactile studio

モチーフとなる花や植物を粘土に押し付け、その“型”の上に、新たに石膏やコンクリートを重ねることで、繊細な3Dアートを生み出す手法を起用している。

tactile studio tactile studio

サイズは40×40cmが定番。

モチーフには、ウェールズ産のポピーや、イベリス、ライラック、ダイセントラ、クリスマスローズなど、ユニークな植物を選ぶことが多いそうだ。

tactile studio

また石膏板は1度しか使用できないため、それぞれの作品は“世界でひとつだけのアートピース”

tactile studio

デイン氏はこんなふうに語っている。

「石膏模型の好きなところは、自分のまわりにある大切なものを、“化石”にして残せるところ」

「例えば、祖母が愛していたレースや、クリスマスガウン、結婚式のときの花束とか、この手法を使えば、大切な思い出をこうして、いつまでも手元に置いておくことができる」

tactile studio

ちなみに彼女は昔、ロンドンのロイヤル・オペラハウスグローブシアターで見習いとして働いていたことがあり、そのときの経験は、いまも作品作りのインスピレーションとして役立っているそうだ。

時間と愛情を費やして完成するデイン氏の作品は、Etsyのサイトから購入が可能。

1作品の価格は8000円から28万円とさまざまだが、どれも本当に素敵な作品ばかりなので、大切な人への贈り物としていかが。

tactile studio

Tactile STUDIO
http://www.tactilestudio.co.uk/gallery/
Etsy
https://www.etsy.com/shop/TactileStudio

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。