ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コナン・ドイル財団による『Mr. Holmes(原題)』著作権訴訟、和解が成立

DATE:
  • ガジェット通信を≫


シャーロック・ホームズの生みの親である作家、アーサー・コナン・ドイルの著作権を管理するコナン・ドイル財団は、シャーロック・ホームズを題材にした新作映画『Mr. Holmes(原題)』の製作者たちに対し、著作権で保護されているストーリーを使用した著作権侵害の主張をしていたが、このたび和解が成立した。

米映画会社ミラマックスの声名によると、「コナン・ドイル財団、ミラマックス、ロードサイド・アトラクションズ、ビル・コンドン監督は、コナン・ドイル財団がミラマックス、ロードサイド・アトラクションズ、コンドン監督に対してニューメキシコ州管轄区連邦地方裁判所で起こした訴訟が、当事者間における満足のいく解決となったことを発表する」 「ミラマックス、ロードサイド・アトラクションズ、コンドン監督は、コナン・ドイル財団に対し、アーサー・コナン・ドイルによって書かれた一定の題材を映画『Mr. Holmes(原題)』で使用することについて感謝の意を表明する」とのことだ。

2015年5月、コナン・ドイル財団は、イアン・マッケランが主演を務める同年7月公開の『Mr. Holmes(原題)』について、ミラマックス、ロードサイド・アトラクションズ、コンドン監督を相手に訴訟を起こした。この訴訟では、作家のミッチ・カリン、および『Mr. Holmes(原題)』の原案になったカリンの著書『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』(2005年出版)の出版社であるペンギン・ランダムハウスも、同訴訟の被告人として名を連ねる。

同年9月、財団の弁護士を務めるベンジャミン・アリソンは、双方がこの訴訟を和解する方針に合意したと述べた。

財団とカリンおよびペンギン・ランダムハウスについても、昨年夏に同様の和解が成立した。アリソンは、電子書籍版の『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』については、「コナン・ドイル財団の正式な許可を得た著作物使用」だと認めている、とコメントした。

『Mr. Holmes(原題)』は、年老いて引退したホームズが自分の人生を振り返り、未解決の事件にかかわっていく様子が描かれている。

財団は今回の訴訟で、コナン・ドイルの多くの作品の著作権は公有に属するが、1923年から27年の間に出版された10作品については著作権が保護されていると指摘した。これらの作品では、ホームズの引退とその後の人生についての詳細が描かれている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP