ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

200kgのアカエイや100km/hで泳ぐカジキ、82kgナマズの写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ディスカバリーチャンネル」と「BBC(英国放送協会)」が共同制作するCSチャンネル「アニマルプラネット」で放送中の『怪物魚を追え!』は、イギリスの生物学者ジェレミー・ウェイド氏が「人を襲った魚がいる」などの情報をもとに世界中の川や湖に赴き、そこに潜む巨大生物を捕らえる人気番組。

 ここではジェレミー氏が捕獲した「怪物魚」を3種類紹介しよう。

【アカエイ(アルゼンチン・パラナ川)】
 世界最大級の淡水魚。危険を感じると、人を死に追い込むほどの猛毒がある長さ20センチ超のトゲを出す。捕獲した個体は体長1.5メートル、重さ208キロ。

【メコンオオナマズ(タイ・メコン川)】
 草食性で歯がない。釣り上げたものは大人の身体よりも重い約82キロ。引く力が強く、ジェレミー氏は川に引きずり込まれながらも捕獲。

【バショウカジキ(インド洋)】
 泳ぐ速さは時速100キロ超。「水中最速の生物」といわれる。写真はジェレミー氏が海にリリースしているところ。体長2.5メートル。

 (c)2015 Discovery Communications

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
英生物学者が捕らえたクロコダイル襲う巨大怪物魚は45kgある
バクテリアの研究 生命の起源解明につながるのではと期待も
プリン1リットル3496円 50リットル26万2500円で販売

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP