ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プラントハンター ジョシュアツリー対面時に興奮して全裸に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 兵庫県川西市で幕末より続く『株式会社 花宇(はなう)』の5代目社長を務める西畠清順氏(34)は、植物の魅力を伝えるプロジェクトを多数手がけている。西畠氏はこれまで世界30か国以上を訪ね、1000種類以上の植物を輸入する「プラントハンター」だ。同氏の活動は、書籍『プラントハンター西畠清順 人の心に植物を植える』でも紹介されている。

 植物の輸入が仕事とはいえ、西畠氏は仕事とは別に「どうしても会いたい憧れの植物」を見に行くこともある。

「アメリカのアリゾナで『ジョシュアツリー』を見た時は、誰もいない場所で人知れずこんな美しい植物が生きてるんや、と興奮して思わず裸になってしまいました(笑い)」(西畠氏)

 砂漠のなかで巨木に育つジョシュアツリーは、天を仰ぐような枝ぶりを見せる。その憧れの植物を見に行ったとき、西畠氏は裸になり、ジョシュアツリーと似た両腕で天を仰ぐような姿で対面した。

 このジョシュアツリーはアイルランドのロックバンド「U2」の大ヒットアルバム「The Joshua Tree」のジャケットにも登場する。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プラントハンターを魅了する「パラボラッチョ」の採取風景
プラントハンター西畠清順氏 植物の魅力発見に人生懸けたい
『情熱大陸』に登場 プラントハンター西畠清順氏の熱い思い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP