ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家庭訪問 母が用意したカステラを先生が捨て娘怒りに震える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人と人とのつながりが希薄になり、深く人間関係を結ばない人も増えている。しかし、人の心に触れることで成長するもの。あたたかさやぬくもりを実感して、涙を流してみませんか。46才主婦が、幼少期の母親とのふれあいについて思い返す。

 * * *
 小学3年生の頃のことです。私の家は母子家庭で、裕福とはいえない暮らしでした。母はパートと内職をしていて、私が学校から帰って来る時間には、家にいるようにしてくれました。

 母の内職が早朝や深夜と、長時間になっているなと思っていたある日、母がカステラを買ってきました。うちではぜいたく品です。それは家庭訪問に来る先生のために用意したものでした。母はカステラを買うために、内職の時間を増やしていたのです。

 先生が家に来たので、私は席を外し、近くの公園に行きました。しばらくすると、急ぎ足で歩く先生の姿が。わが家の家庭訪問が終わったのでしょう。持っていた紙袋を無造作に公園のゴミ箱に捨てるのが見えました。気になって中をのぞいてみると、そこには母が買ってきたあのカステラが捨てられていたのです。

 私は怒りに震えました。紙袋を拾い、「先生が捨てた!」と母に大声で訴えました。母は驚き、

「無理に持たせちゃったのね、悪いことをしたわ」

 と、残念そうな顔に。先生への怒りと、母を悲しませてしまったことへの後悔で、私はいたたまれなくなり、泣きじゃくって母に抱きつきました。母は私の頭をなでながら、「先生にはまだ訪問先があって、きっと邪魔だったんだね」と。

 私は、それなら受け取らなければよかったんだと、また怒りがぶり返しました。明日、クラスの友達にこの話をすると言うと、たしなめられました。

「怒っていても、笑っていても、同じ時間が過ぎるのだから、笑っていたほうが得なのよ」と母はニッコリ。

 そういえば母が怒ったり、愚痴を言ったりする姿を見たことがありません。ひとりで子供を育てるのは大変なはずです。幼いながらも、母の言葉が胸に響きました。私も、できる限り笑顔で過ごそうと心に決めました。

 それから40半ばを過ぎた今まで、深く落ち込むことも、激しく怒ることもなくやってこられたのは、母のおかげなのだと、カステラを見るたびに思い出します。

※女性セブン 2015年10月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
子供と一緒に作れる クマちゃんケーキにカラフルトライフル
夜店のベビーカステラ 材料費だけみれば12個入りで10~15円
元準ミス日本が長崎の皿うどん味「ソースドロップス」を紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。