体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マジック・マイクXXL』チャニング・テイタムインタビュー「男性が女性を癒してもいいでしょ?」

MMXXL-02534

世の筋肉好き、ダンス好き、いい男好きたちが熱狂した『マジック・マイク』から2年。世界中の女子(もちろん男子も!)待望の続編『マジック・マイクXXL(エックスエックスエル)』が10月17日より公開となります。

前作よりキャストのボディも、ダンスも、セクシー度数も、すべてが格段に大きくパワーアップしている意味で名付けられた「XXL」。チャニング・テイタム主演、マット・ボマー、ジョー・マンガエロ、ケビン・ナッシュ、アダム・ロドリゲス、ガブリエル・イグレシアスらで再集結し、鍛え上げられた肉体美と情熱的なダンステクニックは、もう“最高”の一言! 日々の些事、グチャグチャ考えていた事がが一気に吹っ飛びます。

今回、ガジェット通信では、主演のチャニング・テイタムへの電話インタビューが実現! “最もセクシーな男”チャニング・テイタムによる、映画の見所、奥様とのラブラブエピソードなど、刮目せよ!

MMXXL-00658r

――映画とても楽しく拝見しました。本作はマイクをはじめ、他のキャラクターの夢と悩みが語られていて、前作よりも男のドラマチックさが出ていたと思うのですが、続編をそういうドラマにするのは最初から決めていたことだったのでしょうか?

チャニング・テイタム:とにかく1作目を作るのに必死で、そもそも2作目を作ることになるとは夢にも思っていなかったんだ。1作目では『サタデー・ナイト・フィーバー』的なものを作りたかった。1作目が奇跡的にヒットしたことで2作目の企画が持ち上がったのだけど、1作目で描き切れなかった部分が結構多かったので、そういうのを盛り込もうとした。たとえばコンベンションに出演するくだりは、撮るのにあまりにも大掛かりだったので、1作目に入れるのは無理だった。

(1作目で)もう一つ惜しかったのは、素晴らしいキャストをそろえたのに彼らの才能を生かしきれなかったこと。そもそも脚本の描きこみが足りなかったんだ。でもそんな大雑把な人物描写を彼らは素晴らしい具合に肉付けしてくれた。だから彼らを十分フィーチャーできなかったことに悔いを感じていた。

それで2作目では仲間たちのストーリーにしたいと思った。これからの身の振り方をあれこれ考えている男たちの物語を語りたかったんだ。言い方は悪いけど、あまり頭のいい男たちじゃないからさ(笑)。そういう彼らがそれぞれの転換点を迎えている。いつまでもストリップを続けるわけにはいかないから、夢のような生活にどこかで終止符を打たなければならない。だからある意味途方に暮れている。まるで高校の卒業パーティーが10~15年ぐらい続いてしまったような状態なんだ。だからそろそろ足を洗って立派な大人にならないといけないところへ来ている。

それともう一つ面白いと思った要素は、彼らは女性を喜ばせているつもりではいるのだけど、実は女のことを良くわかってないんじゃないかな。彼らがどのように女性を見て、どのように関わり、(はたまたそこから開眼を得て)女性の扱いが一段とレベルアップしたりするのか?そういうところを掘り下げていきたかった。

――最後のダンスパフォーマンスを楽しく見させてもらいました。ゾーイ役のアンバーさんとのダンスシーンも最高でした。アンバーとのダンスシーンのエピソードなどがあれば教えてください。アンバーさんは楽しんでいましたか?

チャニング・テイタム:キャスティングを決める際にアンバーとスカイプで話したんだ。僕の妻が昔アンバーとテレビ番組で共演していたことがあって、それで彼女のことは前から知っていた。スカイプで役作り云々という真面目な話をさんざんしたあとに、「もし君がこの役に決まったら、フィナーレのダンスがヤバイことになりそうなんだけど…。大丈夫?楽しそうにやってもらわないといけないのだけど、クレイジーなシーンなんだ。1,000人のエキストラの前でやることになるから、気まずいかもよ」と念を押してみた。でもアンバーは「何をいまさら?」と、当たり前のように承諾してくれた。ノリのいい人だ。とにかく楽しくやりたいというのが伝わってきた。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。