ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不幸な人に共通する「4つの習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられています。今回は、その一部を抜粋してご紹介。
最近、なんだかツイてないなあ…なんて思っているそこのあなた。もしかして、以下の4つのコトが習慣化していませんか?

まずは、鬱病と惨めさの
違いを知ることから!

「明るく幸せに過ごすか否かは自分が決めるもの。周りの環境に左右されるべきではありません」-マーサ・ワシントン(初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントン妻)

人は誰しも幸せになりたいと望むもの。ほとんどの人が知っていることですが、日々の習慣は幸せの質に大きく関わっています。特に、以下にあげる習慣はなおさら。
鬱病と慢性的に感じる惨めさには大きな違いがあります。前者は脳の病気で、後者は自身の選択から来ているのです。つまり、後者には明確な原因があり、改善することができるというわけ。
それでは、惨めさの原因となる4つの習慣を紹介します。

01.
解決方法を探ったほうがベター
いつも不満ばかり口にする

幸せで成功を収めている人は、ほとんど不満を口にしません。一方、いつも不満ばかり言っている人は、たとえ周りに幸せな人がいるときでも、不満を言い続けます。
人はみな違う環境で生きています。公平だろうが不公平だろうが、求めていようが求めていなかろうが、与えられた環境で生きていくしかありません。不満ばかり言うくらいなら、解決する方法を探したほうがいいでしょう。

02.
周囲との“違い”を知るべき
自分にも他人にも批判的

自分のことを話せば、良くも悪くも自己イメージができあがります。
自己肯定が幸せになるための重要な要素であり、その権利はすべての人に平等に与えられているもの。間違いを起こしたときは、それを受け入れ、次に進みましょう。自分を批判し続けるのは辞めるべき。自分と他人は違うこと、そして、彼らはその違いを受け入れて、幸せに生活していることを認識するのです。

03.
買い物よりも運動!
無駄な衝動買い

私たちはモノに溢れた時代に生きています。常に最新の車や電子機器の広告を目にし、クレジットカードで簡単に買い物できます。
最初は買い物に躊躇したとしても、新しい物を購入すると気持ちが満たされた気がします。でも、その気持ちは長くは続きません。「買ってから後悔する」という言葉を聞いたことがあると思いますが、本当にその通り。サッとクレジットカードを取り出すよりも、エクササイズや読書、観光など、本当に気持ちが満たされることをしましょう。

04.
他に夢中になれるものを見つける
アルコールやタバコへの依存

食べ物やアルコール、娯楽などは、大抵コントロールできること。しかし、これらが生活の中心になってしまうと問題です。
残念ながら、多くの人がアルコールや薬にハマり、人生を台無しにしてしまっているのが現状。では、こうした中毒を防ぐには何が必要なのでしょうか?
それは、可能な範囲で、人生をかけて自分の情熱を注げるものを見つけることです。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

関連記事リンク(外部サイト)

付き合いをやめるべき人「4タイプ」。不幸を望む人がいる・・・
米起業家が執筆!職場で尊敬されるための「11ステップ」が使える
あなたが、人生の転換期を迎えている「5つのサイン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP