ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

観光客がどれほど「重要なスポットを見逃しているか」よくわかる1枚のマップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。
氏は、Twitter投稿された画像データの位置情報を座標で示し、そこに観光客として訪れた人と、地元で暮らす人とを分析し、ビジュアライズ。赤(観光客)、青(地元住民)に色分けすることで、各都市のどこに人々が集まり、写真を撮っているのかが一目で分かる。

この情報さえ頭に入っていれば、地元民しか知らないような、穴場スポットにたどり着けるかも!?

01.
TOKYO
山手線内に観光スポット点在
東はディズニーリゾートまで

新宿、渋谷、銀座、上野と山手線内に観光客の動きが見てとれる。南はお台場まで、東はディズニーリゾート。かたや青の東京都民の撮影スポットは各地に点在。やはり新宿、銀座近辺は両者が集中しているのがよく分かる。

02.
NEW YORK
マンハッタン島に
集中する観光客

こちらは一目瞭然。やはり見どころはマンハッタン島に集中しており、とくにセントラル・パーク内での撮影が目立つ。いっぽう、分散傾向にあるニューヨーカー。やはり、ブルックリンは撮影ポイントも多いよう。

03.
LONDON
テムズ川以北に集中する観光客
地元住民は広範囲

テムズ川以北に観光スポットが集中するロンドン。観光客の行動エリアはかなり限定的。対するロンドンに暮らす人々は、広範囲で撮影をしていることが分かる。

04.
PARIS
地元っ子のトレンドは
19区、20区の東部

世界有数の観光都市パリ。ノートルダム大聖堂のあるシテ島から、西へと伸びるシャンゼリゼ通り。果ての赤が集中するのは凱旋門。観光客とは対照的に、地元パリっ子のトレンドは19区、20区のパリ東部の様子。

05.
BERLIN
観光スポットとの
住み分けが目立つ

ベルリンは、観光客と地元に暮らす人々との住み分けができているかのように、赤と青の分部が異なる。

06.
HONOLULU
ワイキキ周辺と
パール・ハーバーが人気

 

こちはかなり広範囲に引いたマップだが、それでも観光客の足並みがワイキキに集中する様子が見てとれる。

07.
ROME
一極集中型の観光都市

テヴェレ川を東西に挟んで西部はヴァチカン美術館やサン・ピエトロ寺院、東側はフォロ・ロマーノにコロッセオと見どころが集中する観光都市。ほぼ、ローマ全域が真っ赤だ。

08.
KYOTO
寺社仏閣が点在
見どころ満載

清水寺、八坂神社、南禅寺など、鴨川の東側に点在する見どころは、やはり観光客の撮影スポット。西には嵐山、竜安寺、金閣寺とこちらもフォトジェニックなエリアが。このマップを見るだけでも、観光客の撮影ポイントが最も広範囲に渡っていることが確認できる。

Licensed material used with permission by Eric Fischer

関連記事リンク(外部サイト)

鹿児島県の美しい島々を撮影したPR動画が本気すぎる・・・
欧米で大人気!「クリアカヤック」の魅力が詰まった映像がすごい・・・
「この発想はなかった・・・」 宮崎県小林市のPRムービーに隠されたトリックがすごい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP