ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と通じなかった! 帰国子女の日本語あるある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外から帰ってきた人が使う日本語って、なんだか違和感を感じませんか?
ルー大柴状態になっている人を見かけた方も中にはいると思います。
10年以上アメリカに住んでいて、最近日本に帰ってきた筆者も、日本語がおかしいとよく言われます・・・。
今回は日本に帰ってきて初めて、日本では使わないことが分かった表現をまとめました。

帰国子女の日本語

1. チルしよう

チルしよう

友人:「土日何してたの?」
私:「チルってたよ。」
友人:「・・・。」

これは”Chill out”「リラックスする」という言葉が語源になっています。
アメリカでは”Netflix and Chill”「Netflixを観ながらリラックスしない?」という言葉が、女の子を夜誘い出して、家に呼ぶ時に使う言葉として流行語になりました。
詳しくは渡辺志保 スラング解説『Netflix & Chill』を参考にしてみてください。
“Chill”という言葉は予定などを聞かれた時に、特に何も予定がない場合や、説明が面倒な場合に使える非常に便利な言葉だったので、日本で使えないのはとても残念です。
”Chill”は、友達を遊びに誘う時にもHang Outと同じ意味で使用できます。

英語での使用例:

What are you doing now? 何してるの?(電話やメッセージ)
– Just chilling. のんびりしてるだけだよ。

 

Let’s chill. 一緒に遊ぼうよー。

2. ミーは〜

帰国子女

友人:「何食べたい?」
私:「ミーはタイ料理とか。」
友人:「ミーってだれ。」

これは”Me” を「私は〜」という意味で使うことによって「ミー」という謎の登場人物が現れるように聞こえてしまうあるあるです。
ちなみにジャニーさんの「Youやっちゃいなよ」という表現に似ていますが、英語で実際相手のことを”You are”というのに対して、自分の事を話す時は”I am ~”と言うので、”Me”はを「私は~」という意味で使うのはそもそも間違っています。どうやって”Me”が帰国子女の中で定着したのかは謎です。

3. トリップアウト

トリップアウト

私:「事故りそうになってめっちゃトリップアウトした!」
友人:「ん?」

“Trip Out”はもともと、”Stoned”や “get high”といったような、薬物の影響を受けて幻覚を見ている状態にあることを言います。医療用大麻が認められているカリフォルニアなどで良く聞く表現です。薬物の影響を受けていなくても、(幻覚状態に陥っているかのように)興奮した、焦った、がくぜんとした状況を表す表現として使われています。

Why are you tripping out? It’s nothing. なんでそんなに焦っているの。なんでもないじゃん。

4. エッセイ

エッセイ

私:「xx講義のエッセイもう書いた?」
友人:「ああ、小論文のこと?」
私:(小論文? そんな大それたものじゃないよ〜。)

アメリカの高校や大学では、授業で提出するレポートや1-50枚程度の小論文はすべて”Essay”と呼んでいます。学位論文や卒業論文に限っては”Thesis”と表現し、博士論文に関しては”Doctoral Thesis”と呼んでいます。日本で小論文と聞くと、ついつい”Thesis”に脳内変換されて、100ページほどの大掛かりな論文を想像してしまいます。

How’s your essay going? 小論文の進みはどう?

 

I need to work on my essay tonight, so I cannot go out. 今夜は小論文を書かなくちゃいけないから遊べないよ。

5. クラビング

クラブ

私:「来週ひまー?」
友人:「ひまだよ!」
私:「金曜日クラビングしない?」
友人:「え?ああ、ああうーん・・・。」(この人海外でチャラくなって帰ってきたなー白い目)

これは”Clubbing”「クラブで遊ぼう」という意味で使っている表現です。アメリカではクラブで友達と飲んだり、踊ったりする事を”Clubbing”と言います。”Let’s go to the club.”というよりは、”Let’s go clubbing.”という方が自然です。
ちなみに、私の独断と偏見からですが、日本でクラブで遊ぶのはチャラい雰囲気がありますが、アメリカではクラブで踊りに行くというハードルは日本より低いと思います。アメリカでは”Sweet 16″といって16歳の誕生日に、クラスメートを呼んだダンスパーティを開くのが一般的です。そのため、アメリカでは音楽に合わせて踊るのはチャラい人ではなくても誰でもやってきたことなので、居酒屋に行くノリで行くことがあります。

How was your weekend? 週末はどうだった?

– It was great, I went clubbing on Friday to xx, and spent my night there. すごく良かったよ。金曜日にxxというクラブに行って、そこで夜を過ごしたんだ。

いかがでしたか? あなたの周りの帰国子女が使っている表現はあったでしょうか?
あなたの友人や知り合いの帰国子女で今回紹介した表現を使っている人がいたら、優しいあなたは間違っていることを教えてあげてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
英会話通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。