体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれな人は使ってる?噂のピンタレストのイベントの参加してみた

こんにちは。TRiPORTライター、旅と写真でできている赤崎えいかです。 世界中にユーザーがおり、日本ではこれから来ると言われている「Pinterest(ピンタレスト)」 。

pinterest1

ネット上でこのマークを目にしたり、「ピンタレスト」というワードを耳にする方も多いのではないでしょうか? 筆者はピンタレストが気になりつつもよくわからない…、という本音を抱えてイベントに参加してみました。

Instagramやfacebookとは別物

イベントはおしゃれなピンタレストデザインブースにて、ピンタレストの説明から始まりました。このイベントに参加するまで、ピンタレストは画像のSNSみたいなものだと思っていたのですが、実は全くの別物。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多くのSNSは、見たもの、撮った写真など、時間軸にすると自分の「過去」や「現在」のものが主流です。しかし、ピンタレストは、したい・行きたい・欲しい、といった「自分の未来」に向けて行動するための検索ツール。

自分の好きな分野、ファッションやスポット、フード、レシピ、色、雑貨などの画像を、好きなように自分のボードにピン(収集)し、シェアできるピンタレストは、まるで宝探しのようなワクワクや、自分がときめくものを詰め込んだクローゼットを作るような感覚で楽しめるようになっています。これからの新しい検索ツールとして主流になっていくかもしれません。

実用的なインスピレーションも得られるツール

イベントではピンタレストのハードユーザーの後久奈弓さんがゲストとして参加。実際に後久さんのピンタレスボードを紹介してもらいまいた。後久さんいわく、ピンタレストはファッションやデザイン、旅、アート、など、様々な分野で、ライフスタイルや、仕事にインスピレーションを与えてくれ、見ているだけでも楽しくなれるツールとのこと。世界中から情報が集まるピンタレストは日本語だけではなく、英語や他言語でも検索すると、よりよい情報が集まるという裏技も教えてくれました。

ピンタレストを使って新しい旅を発見する

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会