ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1を搭載したPioneerブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤー「XDP-100R」が発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンキヨー & パイオニアイノベーションズが「Pioneer」ブランドで Android を搭載したハイレゾ対応の 4.7 インチポータブルオーディオプレイヤー「XDP-100R」を発表しました。発売時期は 11 月下旬です。XDP-100R は Android 5.1.1(Lollipop)を搭載した小型のポータブルプレイヤーで、Google Play にも対応しており、一般的なスマートフォンと同じようにアプリを利用できます。ソフトウェア面では、使用頻度の高い CUE リストや EQ 設定画面を再生画面の上下に配置するなど、ユーザー・インタフェースには独自の縦スクロール UI を採用しており、音楽プレイヤーに特化しています。また、ハイレゾ音源の調達用にオンキヨーの「e-onkyo music」のダウンローダー機能を搭載しています。オーディオ機能では、DSD ネイティブ 11.2MHz や PCM 384kHz / 24bit での出力や FLAC / ALAC / WAV / AIFF / Ogg-Vorbis / MP3 / AAC などのコーデックに対応。ワイヤレス通信でも Wi-Fi Direct で 192kHz / 24bit のハイレゾ音源を再生できる「Play Thru」や Bluetooth では apt-X にも対応しています。 Android の動作に必要なメインプロセッサは Snapdragon 800 APQ8074 2.2GHz クアッドコアで、オーディオ部分の DAC とアンプはメインプロセッサとは別基盤として実装されており、ノイズ等を軽減しています。また、DAC には ESS SABRE DAC の最上位である「ES9018K2M」を、アンプには SABRE9601K を採用しています。内蔵ストレージの容量は 32GB なのですが、この製品には Micro SD カードスロットが 2 つ搭載されており、最大 288GB まで容量を拡張できます、バッテリー容量は 1,630mAh で、ハイレゾ音源(96kHz / 24bit、FLAC)の再生時間は 16 時間となっています。筐体サイズは 128.9 x 75.9 x 13.0mm、質量は 198g。Source : オンキヨー

■関連記事
Xiaomi、10月19日のイベントで「Mi Pad 2」を発表予定?テイザー画像第二弾が公開
リブセンス、転職サイト「ジョブセンスリンク」の公式Androidアプリをリリース
Google、Google Play開発者サービス v8.2.98をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP