ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nokko、初音ミクとともに噂のマルチトラック・オーディオ・ファイル“STEMS”を知るワークショップ──STEMS DAY

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DJソフトウェア/システム、Traktorシリーズやソフトウェア・シンセ/音源のKomplete、グルーヴ・プロダクション、Machineなどで知られるNative Instruments。

Native Instrumentsが提唱する新マルチトラック・オーディオ・ファイル、STEMS。このファイル形式によって、ライヴ・パフォーマンスやDJ、音楽制作環境に新たな可能性を提案、デモやライヴを介して、体験し、共有するインタラクティヴなワークショップが10月24日(土)RED BULL STUDIO HALLにて開催。

STEMSとは、対応機種で再生するとヴォーカルやトラックなどがマルチの4トラックとして認識され、各トラックをミキシング、ミュート、エフェクト、エデットなどが可能な音楽ファイル形式。またいわゆるDAW用のマルチ・データと違うのは、STEMSの対応機種/ソフトウェア以外、たとえばiTunesなどではmp4形式の元のオリジナル・ミックスの楽曲ファイルとして読み込まれ、再生されるという仕様。たとえばSTEMSをTraktor上でプレイすれば、簡易ダブ・ミックスやインストとヴォーカル・トラックのミックスなどDJの表現の幅を広げることができると言われている。

今回のワークショップは2部にわけて行われる。

まず1部はあのレベッカのリード・ヴォーカリスト、NOKKOと、世界的エンジニアGoh Hotoda氏を迎えて、Avid Pro ToolsとStem Creatorを使ったSTEMSの制作方法、STEMSを活用したライヴも予定のワークショップ(定員につき申し込み終了)。

そして第2部は世界最大規模のサウンド配信ストア「SONICWIRE」による、クラブ・トラックでの「初音ミク」の可能性をテーマにしたワークショップ『MIKUSTURE BEATS』が開催。今秋STEMSフォーマットでリリース予定の初音ミクのトラックや、7月にリリースされた『HATSUNE MIKU GLITCH VOCAL TOOL』を用いて、「初音ミク」の声のクラブ・トラックでの可能性を探ります。ワークショップの後半は、実際に「初音ミク」を使ったIkuybot(DJ TOBY + 稲寺佑紀)のDJと、DUB-Russellのデモ・ライヴも予定。

どちらも応募形式での参加で、下記それぞれのURLから各部の申し込みが必要となる。定員性ですでに第1部は締め切られているが、第2部は現在(10月15日20時現在)まだ申し込みがおこなわれている。
(河村)

・第2部の予約URL
http://stems-day-pt2.peatix.com

STEMS DAY @ RED BULL STUDIO HALL
2015年10月24日 (土)

第1部 16:00開場 17:00スタート
– CREATE & PERFORM with STEMS – presented by Native Instruments + Avid
スペシャルゲスト:NOKKO (from REBECCA)、Goh Hotoda
第2部 19:00スタート
– MIKUSTURE BEATS – presented by SONICWIRE
Workshop:TOBY(Ikuybot)、DUB-Russell、SONICWIREスタッフ
DJ/Live Ikuybot、DUB-Russell

場所:Red Bull Studio Hall (東京・渋谷)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 1-3-3 5F

参加予約:
第1部(定員に達し申し込み終了)
第2部 http://stems-day-pt2.peatix.com/

※定員に達し次第終了。
第1部、第2部それぞれ個別のご予約が必要となります。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP