体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファストフードチェーンの魚系バーガーを食べ比べてみた

f:id:uralatokyo:20150909112611j:plain

昔から白身魚フライが好きです。外食先でフィッシュ&チップスをメニューに見つけるとほとんど条件反射で頼んでしまうし、フライ系の定食なら白身魚フライ定食を選びます。スーパーの惣菜コーナーで白身魚フライが売られていたら(マイナーなのか、コロッケのように毎日用意されているわけではないのです)すかさず購入、パンも買って自宅で白身魚フライサンドイッチを頬張り悦に入ります。外でサンドイッチを買うときも、そこに白身魚サンドがあったらほかの品には目もくれません。

ファストフードでも同様です。白身魚=魚系バーガーへの愛は変わりません。

ただ、ファストフードを利用する機会があまりないということと、店舗数の多いマクドナルド以外のファストフードに、食事時のタイミングで通りかかるという機会もないため、マクドナルド以外の魚系バーガーはほとんど未体験でした。そこで今回、魚系バーガーの食べ比べをしてみたいと思います。

首都圏でチェーン展開しているファストフード店で、魚系バーガーを扱っているのはマクドナルド、モスバーガー、ケンタッキーフライドチキン、フレッシュネスバーガー、そしてバーガーキングの5件でした。ロッテリアとファーストキッチン、ウェンディーズは扱っていないんですね(泣)。

それでは食べた順にご紹介してきましょう。

モスバーガー
フィッシュバーガー 340円 456kcal

f:id:uralatokyo:20150909112526j:plain f:id:uralatokyo:20150909112650j:plain

モスバーガーのサイトでは、

さっぱりとした白身魚のフライに、チーズがマッチ。

紹介文もさっぱり。

上下のバンズに挟まれているのはマヨネーズ、オニオン、フィッシュ、チーズ、アメリカンマスタード(サイトより)です。

重量143gとありますが、実際に測ると151gありました。マヨネーズや玉ねぎの量で誤差が出るのかもしれません。

バンズはふわふわのやわらかタイプ。マヨネーズはかなりの量がかかっているのですが酸味が少なく、くせのない味わいです。玉ねぎが大きめのみじん切りなので食感がいいですね。マスタードはほぼ飾り。辛みは皆無で、あえていうならほのかな酸味でしょうか。でもマヨネーズに完全に上書されています。魚は衣がパリっと揚がっているのが特徴、スライスチーズは結構強めの塩分でその存在を主張しています。

素材を個々で見ていくと特にこれぞという売りは見当たらないのですが、フィッシュバーガーという完成形で食べてみると、とてもバランスがいいバーガーだと感じます。ふわふわのバンズとカリカリの衣とか、しつこくないマヨネーズと味の濃いチーズとか。うまいこと作るなあと感心しました。

マクドナルド
フィレオフィッシュ 310円 359kcal

f:id:uralatokyo:20150909112942j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy