ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「本当は仲良くしたいのに……」つまらないケンカをなくす3つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(「ライフハッカー(日本版)」より転載)
付き合いたての頃は仲の良かったふたり。
でも時間が経つにつれて、どうでもいいことで衝突してしまうことが多くなります。友だち相手だったら気にならないことでも、恋人相手となると妙に勘に触ることが……。
そうしてついつい嫌な言い方をしてしまい、大ゲンカに発展してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

ケンカしてしまう本当の理由

そもそもなぜ言い争ってしまうのか、「ライフハッカー(日本版)」にはこう書いてありました。

本当に困っていることを正直に話すのが怖いから、というときもあります。それで、フラストレーションを発散するために、無意味なケンカを吹っかけるのです。相手よりも自分の方が優位だという感覚になりたくて、あら探しをすることもあります。(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

つまり、本当に困っていることの解決や優位に立ちたいという願望を消化できないため、そのイライラを相手にぶつけてしまっているのです。
そしてケンカをすることでコミュニケーションをとろうとしているのだとか。こういう場合、争いごとの原因自体はあまり関係なく、ただのきっかけにすぎないみたいです。

ケンカをしないための3つのポイント

しかし、せっかく付き合っているのだから、仲良くしていきたいもの。
つまらないケンカばかりしていると、お互いのなかに少しずつ摩擦が生まれてしまいます。
また、ちょっとしたはずみで言ってはいけない言葉がでてしまった……なんてこともあるかもしれません。
そうならないために気を付けたい、ケンカをしないための3つのポイントがあります。

1. 言い争いの原因を言葉にする

ケンカになりそうになったときには、まず何について言い争っているのかを明確にしておく必要があります。
たとえば、「どちらが食器洗いをするかを言い争っている」や「洋服のたたみ方についてケンカしている」など。そうやって言葉にするだけで、冷静に現在の状況を整理することができます。

2. 自分にとって大切なことか自問自答する

状況を把握したら、次はその言い争いの原因について「これは本当に自分にとって大事なことなのか?」と自問自答するのがいいみたい。
すると、ほとんどの場合は「ムキになるほど重大なことではない」という答えになるはず。そんなときは、険悪な雰囲気になる前に、ただ深呼吸をして黙っていた方がよさそうです。
しかし自問自答の結果、自分にとって本当に大事なことだった場合は、「なぜ今それが自分にとって大事なのか」をはっきりと理由をつけて伝えることが大切です。

3. 「それでいい」というキーワードを覚えておく

ケンカを防ぐためには、相手が提案してきた意見や選択肢を「それでいい」と受け入れることも必要。
「それでいい」と考えれば、結果に対するハードルは自然と低くなるので、言い争いに発展することもなくなります。

恋人と仲良しでいるために

お互いに人間なので、何もかもを冷静に分析しながらケンカを防ぐのは難しいかもしれません。
しかしこの3つのポイントを頭に入れておくだけで、普段なら言い争いになっていた場面でも、穏便に済ませられることが増えるはず。また、冷静に考えることで、自分が本当に求めていることが明確になってくるのです。
大切な恋人といつまでも仲良くいるためにも、これからケンカになりそうになったときには、3つのポイントを実践していきたいと思います。
[ライフハッカー(日本版)]
image via Shutterstock
(近藤うらら)


(グリッティ)記事関連リンク
ついついやってしまう職場を敵に回すNG対応
ハッピーな1日は「感謝タイム」が作ってくれる
2015年はどんな味? 一足先にボージョレ・ヌーヴォ―をリサーチ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。