ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岐阜県にある「名前のない池」が、美しすぎる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広がる澄み切った池。

無色透明な湧き水が
コバルトブルーに染まる

まずはこちらの写真をご覧ください。水草の間を優雅に泳ぐ鯉、陽の光を受けて水面がライトブルーに染まっています。光の加減で池の色が変化する、幻想的な水辺の世界観をhimari1115さんが写真に収めました。

「水が透き通っていて、まるで絵のようだった」と感想をコメントするのは撮影者suehiro.yamazakiさん。雨の中での撮影だったようですが、光線の加減でこちらはエメラルドグリーンに染まった、池の様子がはっきりと分かります。

こちらは、真夏の日差しの中で撮影されたshingo_photography_2ndさんの作品。透明度の高い水中を泳ぐ鯉たちが、まるで空中に浮いているかのような錯覚を起こさせます。蓮のツルが水の底から伸びている様子もくっきり。

ところで、これだけ美しい根道神社の池には、正式な名前がないそうです。この地を訪れた観光客やカメラ愛好家の人たちからは「まるでクロード・モネの『睡蓮』の連作を彷彿させる」と、その美しさがSNSで評判に。名もなき池は、いつしか“モネの池”の愛称で親しまれるようになりました。話題のスポット、一度訪れてみたくなりますね。

Licensed material used with permission by himari1115 , suehiro.yamazaki , shingo_photography_2nd

関連記事リンク(外部サイト)

【1,600万回再生】米国発!「空飛ぶウォータースライダー」に話題殺到
東京湾もこうしてキレイに!?牡蠣の浄水効果が一目瞭然(動画あり)
背負ったままで中身が出せる「バックパック」。秘密はスイング機能

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP