ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本を出したいと思った人なら手に取りたい林真理子氏の新作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『マイストーリー 私の物語』林真理子/朝日新聞出版/1728円+税

【評者】はあちゅう(ブロガー・作家)

 本を読む人は、誰しも心のどこかに「自分も本を書きたい」という気持ちを持っているのではないだろうか。

 その証拠に、ベストセラーのアマゾンページには普通の人が批評家ぶって「私でも書けます」などと作品をこきおろすレビューが目立つ。「自分も書きたい」という、嫉妬心が無ければ絶対に出てこない言葉だ。

 この作品は、出版界を舞台に、誰もが持つ「自分が主人公になりたい」という厭らしさを描き切っている。合間に見える林さんの作家としての矜持も、ファンとしてはたまらない。

「大切なのは自分の臓腑まで見せる覚悟があるかどうか」という登場人物のセリフは、インタビューで語っている、林さん自身の言葉でもある。

 私も書くことを仕事にしてから「本を出したい」という人によく会うようになった。

 林さんレベルの作家であれば、きっともっと頻繁にそういった相談を受けているだろう。作家ワナビーな人の共通語は「いつか書いてみたい」。「作家に“いずれ”はないんですよ。今書かなくていつ書くんですか」「もの書きになりたかったのなんて…作家になりたい人はとうに書いているわよ」などのセリフも林さんの本音かもしれない。

 本を出して、自分の人生や考えへの価値を認めて貰いたい。

 あわよくば有名になりたい。

 けれど、努力はしたくない。

 そんな人々の甘さや、その甘さにすがりついて、「自費出版」をビジネスとして手掛ける出版業界の厳しさ、作家として生きていくことの大変さなど、出版業界のリアルがありありと見える本小説。「本を出してみたい」と思ったことがある人は是非一度手に取っていただきたい。

※女性セブン2015年10月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自分に才能あると信じる人から金巻き上げる自費出版暴露小説
百田尚樹が自分探しする若者や甘い刑法等をメッタ斬りした書
花村萬月氏が作家・文芸・出版界の一面を実名で綴った問題作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP