ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、5インチ頑丈タブレット「TOUGHPAD FZ-X1」の防爆モデルを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックが頑丈タブレット「TOUGHPAD」の Android モデル「FZ-X1」をベースに国内の防爆検定をクリアした「防爆モデル」を発表しました。防爆モデルは第 2 類危険箇所(Zone2)の認証を取得した製品で、防爆への対応によって、可燃性ガス・蒸気が放出・漏洩し、爆発が生じるおそれのある工業や事業所などでも使用できるようになりました。端末の仕様は既存の FZ-X1 をベースにしていますが、防爆モデルでは外装を変更しています。OS は Android 4.2.2 です。FZ-X1 の主要スペックは、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの高輝度・高コントラスト液晶ディスプレイやクアッドコアプロセッサ、大口径のツインスピーカー、1 次元 / 2 次元バーコードリーダー、背面に 800 万画素カメラ、前面に 130 万画素カメラ、14 時間持ちのバッテリー(6,200mAh)などを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC、3G / LTE に対応しています。Source : パナソニック

■関連記事
OnePlus Xは10月29日に発表か?新たなティザー画像が公開
BBKのVivo Xplay 5Sは4Kディスプレイを採用?
スクリーンショット作成アプリ「Screener」にNexus 5XとNexus 6Pのテンプレートが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP