ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソースの季節到来! 本場関西の味『千房』のお好み焼きをローソンで発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

春から夏になると、なぜか恋しくなるのがソース味。実際に、この季節にはローソンのお好み焼き・焼きそばの売り上げが増加するという。

ローソンは、いよいよやってきた“ソースの季節”向け商品として“粉もんの聖地”関西より有名店『千房』が監修する『お好み焼き(豚玉)420円』『ねぎ塩焼きそば 498円』『お好み焼き&焼きそばセット 460円』を5月12日から全国のローソンにて発売する。

有名ラーメン店プロデュースのカップ麺は数あれど、お好み焼きの本格的な監修は初めて!? 

『千房』といえば、くいだおれの街・道頓堀に地上7階建てのお好み焼きグルメビル『千房道頓堀ビル』を建て、「お好み焼きでビルできたで!」と粉もん好きの大阪人をビックリさせたお好み焼き界の雄。創業40年たった今も、味には定評があり休日には行列が絶えないことも。

今回、ローソンで発売される『お好み焼き』『ねぎ塩焼きそば』などは、この『千房』の店主指導のもとに『千房」のふっくらした食感を再現すべく生地の配合を見直し、ソースやマヨネーズにまでこだわって開発した本格的な商品だという。本場の味をコンビニがどこまで再現できるか、ぜひ試してみたいものである(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんなグルメな記事もあります
“マルちゃん”の東洋水産『二度おいしいらーめん』『俺の塩たらこ味』など4種類を新発売
【日曜版】5月3日、GWはB級グルメで食い倒れ@埼玉【予告編】
【日曜版】まさに最高峰! ハンバーグ食べ放題の店が浅草に!【休日は肉】
ツンツンからデレデレまで!『広島風萌え燃えつけめん』実食レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。