体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渋谷で深夜2時まで営業する角打ちサンドイッチスタンド、その名も『ドレスのテイクアウト店』

f:id:Meshi2_Writer:20150908075654j:plain

ある日の深夜のこと。

とあるSNSを眺めていたら、食いしん坊の友人がサンドイッチ写真をアップしていまししたんですね。

残っててよかった! 3つゲット!

そんなコメントと共に写し出された写真が、なんともおいしそう……。そして時計をみれば、なんと深夜の1時15分。

「こんな時間にやってるサンドイッチ屋さんなんて、あるの!?」

そんな疑問がむくむくと。

場所を調べてみたら渋谷駅の近く、なんと夜2時まで営業とな。そ、そんな店があるのかっ!

駅から徒歩3分!なのにかなり見つけにくいロケーション

さっそく行ってきたんですけどね、こちらのお店、すっっっごく場所、見つけにくいと思います。見逃しがちなポイントにあるのですよ。順路を写真付きでご紹介しますね。

まず渋谷駅西口(モヤイ像のあるほうです)を出たら、歩道橋で246号線を渡り、セルリアンタワー側に行きます。

f:id:Meshi2_Writer:20150908080323j:plain

すると、こんな感じのところに出るはず。楽器専門店の『ミュージックランドKEY』とか『あおい書店』がある交差点です。奥に見える並木道を抜けていきますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20150908075850j:plain

すぐこの十字路になります。もうあと15秒ほど。実は写真の中に見えていますよ。まっすぐ渡ってください。

f:id:Meshi2_Writer:20150908080356j:plain

右側すぐにある牛丼店の左、人が立っているところが、目的地です!

f:id:Meshi2_Writer:20150908080534j:plain

「ドレスのテイクアウト店」

到着したのはいいですが、この店名どこからどう読んでもサンドイッチ店には思えません。 この謎めいた店名については後述するとして、まずはご主人に登場願いましょう!

f:id:Meshi2_Writer:20150908084736j:plain

森谷義則(もりやよしのり)さん。このかたの経歴がまたものすごく興味深いのですが、ともかくも彼の作るサンドイッチの数々、ご覧あれ!

f:id:Meshi2_Writer:20150908082702j:plain

右側上からコロッケサンド(180円)、アジフライサンド(170円)、海老ケイジャンサンド、左側がツナ胡瓜サンド(180円)。

コロッケは刻みキャベツにレタスを加え、ソースと辛子マヨネーズで味つけ。ふっくらと厚いコロッケはボリューム感も◎。なんとも香ばしいアジフライ、中濃ソースにリーペリンソース(イギリスのウスターソース)、醤油、ケチャップなどを加えた独自の味つけが絶妙。このフライ、お酒のつまみにも最高です。ケイジャンサンドは、チリパウダーやパプリカ香るケイジャンソース×海老フリットが3つ入り。ツナは胡瓜の隠し味に寿司酢が使われているそう。どれも森谷さん独自の工夫がさりげなく加えてあります。

f:id:Meshi2_Writer:20150908082715j:plain

下からブロッコリーとピーナッツみそサンド(160円)、定番の玉子サンド(100円)、キーマカレーサンド(200円)。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。