ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1時間1000円「おっさんレンタル」を利用する若者たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。10月13日のオンエアでは、レンタルサービス「おっさんレンタル」を展開するファッション・プロデューサーの西本貴信さんが登場しました。

VIPのパーソナル・スタイリストとしても活躍する西本さんが展開する「おっさんレンタル」は、1時間1000円で“おっさん”をレンタルするというもの。現在35人のおっさんが「東京オリンピックに向けて」絶賛稼働中だそう。なぜ、このようなサービスを始めようと思ったのでしょうか。

「ずっとファッション業界にいたので、外見を飾るようなことはしてきたんですけど、歳をとってきて相手の内面を応援したいなと。それと、電車で女子高生がおっさんを『うざい』とか『気色悪い』とか言っている声を聞くことが多かったので、おっさんの地位を上げようかな、みたいな」(西本さん)

“おっさん”の定義は40〜50代がベースのようですが、自薦他薦で同サービスに登録する人が多いことから、今では一度でも「おっさん」と呼ばれたことのある男性、というゆるい定義になっているそう。利用者数はサービス開始2年半で、のべ2000人を越えており、西本さん自身にも週に10件ほどのレンタル依頼があるとか。

システムは、ホームページからお好みのおっさんを選び、「カート」に入れて購入することで、おっさんとコンタクトがとれるようになり、レンタルする日時や場所などを決めていくというもの。気になるそのレンタル依頼とは、どのようなものがあるのでしょうか。

「相談が多いですね」(西本さん)。利用者は若者や女性が多いらしく、その内容は主に恋愛や進路指導などだとか。しかし、なぜ若者たちは“おっさん”を求めるのでしょう?

「大人と接したいんですけど、かしこまって会社の人とは話せないとか、大人とのコミュニケーションがとりたいんだと僕は思ってます」(西本さん)

そんな若者たちと接して西本さんは「僕はバブル世代なんですけど、今の子って将来の夢とか全面に出して言わないっていうか、モヤモヤしているというか」という印象をもったそう。そして、「今の若い子は考えすぎ。あんまり考えないで物事を行動してほしいと思いますよね。みんなすごい悩むんですよ若い子って。悩んで辞める方向に行く。それで辞めたことを肯定する」と話します。

一方の、おっさん側も「若い子を応援したい」「若い子と話がしたい」と思っている人が多く、お互いのニーズを満たすマッチングサービスとしての側面も見せるという「おっさんレンタル」。今では海外からも「東京を案内してほしい」という依頼がくるほどグローバルな人気を博しているそう。2020年の東京オリンピックまでに、日本が誇る“おっさん”という新たなキラーコンテンツになるかも!?

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP