ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人に流されて生きている、アナタが忘れがちな「10の法則」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョン・キム

作家

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生の価値は、自分が自分をどれほど信じたかで決まる。絶対不可侵領域としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くこと。そんな「自然体になれる強さ」を持つことが、人間を独立した存在に導くのだ。

ただし、「強さ」を身につけるためには、知っておくべきことがある。それは世界を征服するよりも、自分を征服するほうが、はるかに難しい、ということだ。

01.
感情、思考、言葉、行動
4つをコントロールする

合理的に動いているつもりでも、実はきまぐれな存在だったりするのが自分自身だ。他者や社会を、まっすぐに、正しく見つめるためには、内面をコントロールできなければならない。とりわけ難しいのは「感情」。これがコントロールできたなら、人生は大きく変わっていく。

02.
自分と向き合い、
可能性を取り戻す

本来の自分とは、まだ社会性を持っていない幼児の自分のことだ。人は生きていく中で、周りに評価されたり形容されたりしていく内に、社会的に生きていきやすい自分を作り上げていく。途方もなく大きな可能性があった本来の自分を取り戻すため、自分と向き合う意識が大切なのだ。

03.
自己矛盾を認めよう

自然体でいるためには、内面的な強さがなければいけない。そのためには、感情、思考、言葉、行動の4つの力以外に、身につけていくための忍耐力が必要だ。自分にこの力がない内は、自然体とは違う反応をしてしまう。それを一致させるためには、まず「一致していない事実」を認識しなければならない。

04.
結果よりもプロセスに
価値を見いだす

実のところ、生きていく上での最大の喜びは、自分自身の成長実感に他ならない。これは、成功とかお金持ちになるだとか、そういう次元を超えたものだ。自分が未熟であることを理解し、成熟に向かうことを実感できたとき、人は喜びを感じる。幸せの絶対的な基準は自分自身で確立させるのだ。

05.
「不満は成長の糧となる」
その意識を持つ

不満を言ったところで何かの解決になるわけではない。もし不満を抱いたのなら、成長の糧にしてしまえばいい。たとえ不満が自分の外にあったとしても、原因を自分の中に見つけてみるのだ。起きたことをどう解釈するかは自分次第。内面の成長につなげることができれば、それは単なる不満ではなくなる。

06.
自分を過小評価せず、
根拠のない自信を!

今の自分だけを見て、自分の可能性を測ってはいけない。強がりは、成長したいという気持ちの裏返しでもある。努力はしているけれど、すぐには結果を出せない若い間は、背伸びをし、強がっていい。根拠のない自信でもいいから、自分はできるんだ、と信じるのだ。

07.
あらゆる経験から学ぶ、
貪欲に学ぶ

あらゆる場面、あらゆる物事、あらゆる人との出会いを、学びにしようという意識が強い若者は、目の輝きがまったく違う。人生における自分を成長させるための学びの機会は、世の中に本当にたくさんある。大人たちが応援したくなるのは、学びに対して貪欲な若者なのだ。

08.
不条理を前に
不感症にならない

社会に出れば、理不尽や不条理だと思うことにたくさん遭遇することになる。しかし、単に冷めた目で見るだけでは何も解決しない。相手の立場に立って考えてみれば、ほとんどの場合、相手にとっては合理的な判断だったことに気づける。そうすれば、後は接点を見つけていくだけだ。

09.
強くあれば
あらゆる権威は怖くない

社会に出れば権威にぶつかることになるが、ここで重要なのは媚びないという意識である。権威を振り回す人間は、自分の権威の脆さを誰よりも熟知している。そういう人間に立ち向かうには、強さを持つこと以外に道はない。最も、本当に権威がある人は、権威を振りかざさないものだ。

10.
もう従順な羊たちは
幸せになれない

大多数が従順な羊となり、組織は成長し、国家が繁栄した時代は確かにあった。しかし今はもう、従順な羊たちが幸せになれる時代ではない。飼われていても魂までは売らない、野良猫の意識が必要だ。出て行くかどうかは別にして、いつでも組織を出て行ける力を持つことが大切なのだ。

媚びない人生
コンテンツ提供元:ジョン・キム

関連記事リンク(外部サイト)

初対面でも強烈な印象を残す人がやっている『8つのテクニック』
初対面で信頼できる人を見極める「5つのポイント」
1%のチャンスを成功に導く『7つのヒント』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP