ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パパが教える「娘のためのヘアアレンジ講座」!隠れたエピソードにほっこり。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シングルファーザーとなったパパたちの奮闘ぶりは、なんとなく想像がつくところ。ですが、ここで紹介する仲良し父娘の絆の深め方は、とっても素敵なものでした。父娘ふたりの生活になったとき、このお父さんが真っ先に懸念したことが、結果として大成功を収める結果になろうとは。

シングルファーザーが身につけた
愛娘のためのヘアアレンジ

この記事の主人公Philippe Morgeseさんと愛娘のエマちゃん。彼女が1歳のとき、シングルファーザーとなった Morgeseさんは、娘の成長に合わせて「自分がヘアアレンジをしてあげなくては」と、真っ先に思ったそうです。他にも懸念することは、当然あったでしょう。でも、彼にとっては、美しい娘の髪の毛をどうお手入れしてあげるかが重要な問題だったよう。
毎日、見よう見まねで試行錯誤を繰り返し、独学で身につけたヘアアレンジ。ようやく、エマちゃんが納得してくれる三つ編みができるまでに。以来、頑張り屋のMorgeseさんはたくさんのアレンジをマスターしていきました。今では、毎朝エマちゃんの髪の毛を可愛くアレンジしてあげているそうです。

こちらがMorgeseさんのお気に入り。まとめた髪のゴムが見えないように、小さな三つ編みで包んでゴムを隠す小技が効いています。

アレンジが利いた編み込みもご覧の通り!エマちゃんも大満足の様子。

お父さんのための
スタイリング講習会が大盛況

あくまで自己流。それでも、毎日娘の髪をアレンジしながら「これは絶対誰かの役に立つと思った」とMorgeseさん。自分のテクニックを世の父親たちにも伝授しようと、なんと“父親のための”ヘアスタイリング教室を開講。フロリダ州の国際美容アカデミーで最初の「 Daddy Daughter Hair Factory」が開かれました。
Morgeseさんがいかにして、ヘアアレンジを身につけたのか?娘が喜ぶ簡単なアレンジメントを覚えるために、7組の父娘が集まったそうです。なんと、これが大盛況。娘の髪をまとめたいパパたちが、続々とレッスンに申し込むように。
まずは、ブラッシングの仕方からヘアクリップを使ったり、三つ編みなどの基本的なまとめ方。それらをマスターした後は、より複雑な編み込みへとステップアップしていきます。

ちなみに、このスクールは無料開放で、誰でも参加が可能だそう。その理由をMorgeseさんは「ABC News」の取材に対し、こう応えています。

「誰からもお金なんか貰う必要ないよ。父親たちが少しずつレパートリーを増やして、娘のヘアメイクができるようになれば、もっと娘たちと深く関わりあえるはず。俺たちにとって、娘は特別な存在だからね」

Facebook投稿される
パパご自慢のアレンジ

ひとりのシングルファーザーが始めたコミュニティーは、SNSを通じて徐々に広がりを見せています。フリースクールで習ったスキルをパパたちが、MorgeseさんのFacebookに練習の成果をアップし、それをみんながコメントで応援する。オリジナルのアレンジを投稿してみんなに評価してもらう。母親ではなく、父親が娘の髪をケアすることで、素敵なパパたちのソサエティーができあがりました。

オリジナルのヘアスタイリングキットまで登場するほどの人気ぶり。ご自慢のパパに幸せそうなエマちゃん。

娘の髪をとかしたり結んであげるのは、ママだけの仕事とは限りません。やっぱり、男親にとって娘は特別な存在な訳だから。

 Reference:ABC News
Licensed material used with permission by Daddy Daughter Hair Factory

関連記事リンク(外部サイト)

0歳から105歳まで聞いてみた!「あなたにとって愛とは?」
1日に1回、お母さんに電話すべき「26の理由」。本気で叱ってくれる大切な存在
パパに絶対「爪を切らせてくれない」赤ちゃんがカワイすぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP