ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和が残る名店「くじらの店・捕鯨船」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月13日放送の「はやドキ!」(TBS系、午前04時00分~)では、TBSアナウンサーの宇内梨沙さんが「なつかしい昭和が残る風景の探訪」をテーマに芸人の街・浅草六区を散策。くじら料理が味わえるお店「くじらの店・捕鯨船」(東京都台東区)に訪れた。

昭和52年創業の同店は、その長い歴史を感じさせる店内も特長のひとつ。壁には芸人さんや著名人などが残した様々なサインが所狭しと描かれ、それらを眺めるだけでも十分に楽しめる。
芸人として活躍していた経歴を持つ店主。その時のおとうと弟子だったビートたけしさんの思い出の味として出された「牛にこみ」(630円/税込み)をいただいた宇内梨沙さんは、口に含んだ途端「んん~!」と感嘆し、「甘いしプリプリだし、すごい丁度良く煮込まれてますね!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:くじらの店 捕鯨舩(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×和食のお店一覧
まろやかな酸味のさっぱり系ラーメン 「湯麺」
真っ白スープの新ジャンルラーメン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP