ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

意外と簡単? ミニ盆栽で“紅葉”を楽しむには

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
意外と簡単? ミニ盆栽で“紅葉”を楽しむには

今や盆栽は“BONSAI”として世界的に認められている高尚な趣味のひとつ。盆栽専門店に外国人の団体がやってきて、盆栽を鑑賞している姿を見かけるのも珍しくないという。ただ、興味があっても剪定などの手入れが難しそうで、二の足を踏んでいる人が多いことも確か。

そんな人におススメなのがミニ盆栽だ。一般的に手の平に乗る程度の大きさの盆栽を指し、さほどスペースを必要としないので、庭の無いマンション住まいの方でも簡単に育てることが可能。ここではそのミニ盆栽のつくり方や、今が旬の美しい紅葉盆栽などについて、ミニ盆栽サークル、「凡才会」の怪長(会長)こと粟谷さんにお話しを聞いてみた。ミニ盆栽をつくるのに必要なものは?

1.手の平サイズの鉢やぐい飲み(後で穴を開ける)
2.鉢底ネット
3.盆栽用の用土
4.植える用の木
5.ハサミ(当面は家庭用のハサミでも可)
6.用土を鉢に詰めるための棒(割り箸など)
7.用土の粒を分ける用のふるい
8.じょうろ
9.ポリバケツ(あると便利)
10.穴を開けるための砂
11.用土の受け皿用の器
12.ピンセット&麻ひも(あると便利)
13.銅線・アルミ線

以上、別途管理に必要なものもあるが、つくるには上記のものがあれば大丈夫。わざわざ購入しなくても、家にあるものでかなりのものが代用できそうだ。実際にミニ盆栽をつくってみよう

1.穴の開いた(開けた)鉢やぐい飲みを用意
2.鉢底ネットを穴の上にセット
3.大き目の火山礫を網が隠れる程度に入れる
4.盆栽用の木の太い根を切り落とし、細い根だけ残す
5.小さめの用土を底から3分の1程度入れる
6.用意した木の根全体に行き渡るように入れる。この際、鉢の正面と木の正面を合わせ、傾きなどを確認
7.残りの用土を入れる。用土が鉢の9分目ほど入ったら削っておいた棒や割り箸で優しく、根を傷めないようにサクサクと用土を押し込めていく
8.用土を詰め終わったらじょうろで十分に水を掛ける

工程こそ多いが、意外と簡単そう。その後の管理がある意味“キモ”ではありそうだが、木の種類や環境によって変わるようだ。基本のポイントは剪定、根の状態の把握、そして水分をちゃんと与える(乾燥させない)ことである。紅葉を楽しめる木の種類とは?

基本的に落葉樹のものが有名。真っ赤に染まった山などは観光名所になっているが、小さなミニ盆栽で紅葉を独り占めするのもまた一興だ。
代表的なものはカエデ科(イロハモミジ、サトウカエデなど)、ウルシ科(ツタウルシ、ヤマウルシなど)、ツツジ科(ヤマツツジ、レンゲツツジなど)、ブドウ科(ツタ、ヤマブドウなど)、バラ科(ヤマザクラ、ウワミズザクラなど)、スイカズラ科(ミヤマガマズミなど)。

最後に凡才会の会長である栗谷さんから「私は盆栽を始めたら朝が楽しくなりました。あなたも今日からつくってみませんか。初めての方でも簡単に楽しめます。ミニ盆栽はとても面白いので日常生活が変わると思いますよ」とメッセージをいただいた。

都心でも日常的に緑に触れることができる、盆栽。芸術の秋に、ミクロな自然の造形を楽しんではいかが?●取材協力
ミニ盆栽サークル「凡才会」
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/10/13/98588/

【住まいに関する関連記事】
卒業式や送別会でもらった花束を、ドライフラワーにしてみよう
部屋にいてもお花見できちゃう「桜盆栽」育ててみる?
もらった花束、おしゃれに飾りたい! 青フラにコツを聞いてみた
専門家に聞く、観葉植物の植え替えポイント5つ
花屋さん直伝! 100均観葉植物でオシャレに飾る方法

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。