ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小籔千豊 サプライズばかり考えている男は計画性ないと指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イキる、とは調子に乗る、勢いづく、威張る、偉そうにするなどの意味。吉本新喜劇・座長の小籔千豊(こやぶ・かずとよ)は「イキる奴」が嫌いだという。小籔が世にはびこる「サプライズ重視」の風潮について語る。

 * * *
 堀北真希さんが新幹線で劇的なプロポーズを受けて突然結婚して、まさにサプライズとか言われてます。一所懸命自分で考えてサプライズをやるのは、素敵な話だと思うんです。
 
 ただ、他人や欧米の真似だったり、風潮に流されて「サプライズする男はすばらしい」「俺は嫁さんにしてやった」「された私は幸せ」「されない私は不幸せ」、みたいな基準が世の中にできてしまっているのが僕はちょっとイヤだなと思います。
 
 付き合いはじめにバラ10本、1年後に高級バッグ、3年後で高級腕時計を蝶よ花よと贈るなんて、あげるほうももらうほうもそんなん4~5年で別れる気やないか、とツッコミたくなります。30年後は何持って行くねん、松の木100本ですか?
 
 年収2兆円の人ならともかく、余裕がないのにサプライズばっかり考えてる男は計画性がないか、早めに別れる気でおるかのどっちかやと思いますね。
 
 そんなアホなマラソンみたく最初からダッシュしたら後半にバテてしまう。20代、30代でサプライズにどんだけ頑張っても、40代、50代でなんもせんかったら、嫁はんから「釣った魚にエサやらん」とか言われるでしょう。その結果、60代で熟年離婚を切り出されたらどうします?
 
 そもそもサプライズというのは予想外だから驚くわけで、「して当たり前で、しないのはマイナス」みたいな風潮もおかしい。
 
 夫婦生活って、日々の小さな出来事へのお互いの感謝で成り立っていると思います。「あの人、若い時に高いカバン買うてくれた」とか「突然バラをプレゼントしてくれた」とかじゃないんです。それよりも死ぬ時に「結婚してよかった」とお互いに思えることだと僕は考えてます。それなのに他人と比較して物質的な欲望ばっかり期待してたら、幸せから遠のくんじゃないですか。

 映画でもそうですけど、先にバーッと派手に見せてどんどん先細っていく作品はおもろないですよね。僕は65歳までは生きられるかなと漠然と考えていて、嫁はんと添い遂げるつもりです。僕は人生後半で盛り上げようというシナリオを考えていて、ハナからサプライズは極力控えてきました。プロポーズはまあ、ちょっとは記念に残るようなことはしましたけど。後半にサプライズを持っていくほうが、死ぬ時に「結婚してよかった」と思ってもらえるじゃないですか。
 
 長いこと添い遂げようと思ったら、人生前半のサプライズはいりません。しかも「サプライズしたらいい人だ」なんて判断するのは、それこそ相手のことを見てないと同じことです。物質的な欲望を他人と比較して、他人に自慢したい気持ちで「俺も俺も」「私も」とやられるのもイヤですね。
 
 サプライズがあるから幸せだとか、ないから不幸せとかいうのはなんとなくあってもいいですけど、みんなが必死になる必要はない。そんな意見ももう少しあってもいいかなと思います。
 
 30代、40代は働かなアカン時やから、サプライズを考える暇があったら、僕は子どもの教育や仕事のことを考えたい。年収2兆円とかよっぽど裕福やったら別でしょうけど。
 
 そんな僕は55歳を超えてからサプライズする気マンマンです。55歳の時に夜景の見える高いホテルに連れていき、高いカバンをあげたりする。そんで65歳の時には、花火がパッと上がって嫁はんの名前が出るような……、そんなことをやっていこうかなあと(笑)。でも、そのときまで嫁はんが熟年離婚を考えてなければいいですけどね。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
石原さとみ プレゼントもらうなら「サプライズよりご飯」
『ぱちんこ必殺仕事人IV』人気の秘密は飛び出すボタン?
NHK 水面下で「中森明菜紅白電撃復帰」仕掛け交渉していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP