ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話し上手になるために実践すべき5つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

話し上手な人が、必ずといっていいほど実践していることや、特徴についてまとめました。とにかく話上手になりたいというあなたに向けて、最低限おさえておきたい項目を5つに絞り、具体的にどうしたらよいのか、話し上手になる方法をご紹介します。

話し上手になる方法1

基本的な常識を備える。

話し上手な人の共通点のひとつには、コミュニケーションに必要な基本的な常識が身についており、相手の立場になって考えることができる点があげられます。何か特別なスキルが必要なのではなく、人との関わりあいの中で、自然と培われる普段のコミュニケーションを、さりげなくこなすことができています。例えば、きちんと相手の顔を見て話し、「ありがとう」などのあいさつができ、「大丈夫でしたか」といった気遣いが自然とできています。話す内容の面白さや目新しさはもちろん必要ですが、テクニックに走り過ぎないことが大切です。

話し上手になる方法2

良い聞き手になる

話し上手な人は、総じて、良い聞き手となる素質も兼ね備えています。魅力的な話をしながら、適切な合間を見て、聞き手にも「あなたは?」などと質問し、ときどき話すチャンスを与えます。聞き手の言葉や反応を受けて、さらに話を盛り上げていくことができる人が、本当に話し上手な人だといえます。ときには、聞き手の一言によって、話の展開を変えていくといった、臨機応変な対応も必要かもしれません。聞き手にとっても、自分の一言が話し手の話題に取り入れられることによって、より一層興味を示し、もっと聞いていたいと思える話に変化していきます。

話し上手になる方法3

表情豊かにする

話し上手な人は、適度に身振り手振りなどのジャスチャーを取り入れたり、アイコンタクトを使って、表情豊かに話を進めます。話題によっては、生き生きとした笑顔や悲しい表情などを織り交ぜながら、聞き手にとって心地よいと感じるテンポで話を進めることも特徴のひとつです。「目は口ほどに物を言う」といったことわざにもある通り、話し手は伝えたいことを、聞き手に正確に理解してもらえるように、表情やしぐさには気を配っています。

話し上手になる方法4

前向きな表現を選ぶ

話し上手な人は、どちらかというとネガティブな内容の話であっても、前向きな表現を選んで使うことで、話が聞き手にとって嫌な印象で終わらないように、できるかぎり配慮をしています。聞き手にとって、都合が悪い話や、なるべくなら聞かないで済ませたい話であっても、長い人生の中で、話をしなければならないケースはあるものです。話し上手な人は、聞き手の気持ちを察して、「こうしたら、もっとよかったね」とか「こうしてもらえたら、うれしいけど」といった、聞き手が希望を持てるような話し方を積極的に活用しています。

話し上手になる方法5

話すスピードをコントロールする

話し上手な人は、一方的に自分のペースで話を続けることはありません。常に、聞いている人の表情や反応を敏感に読み取り、話すスピードを変え、時には沈黙を効果的に入れるなど、自由自在に話すスピードをコントロールしながら話を展開しています。楽しく軽快なテンポで話せば、話の内容自体の面白さ以上に、楽しい印象を聞き手に残すことができますし、大切な話や少し神妙な内容の場合には、話すスピードをゆっくりと、一言ずつ言葉を噛みしめながら話を進めることで、話し手の気持ちが、聞き手にも手にとるように伝わりやすくなるものです。

話し上手な人の主な特徴を知り、身近に存在する具体的な人を思い浮かべながら、イメージトレーニングをすることから始めてみるのもひとつです。話し上手になる方法を実践してみると、おのずと人脈が広がり、ワクワクする毎日が待っているはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

「新しい言語」を身につけるたび、人の心がどんどん理解できる
バナナの皮で「歯が白くなる」!?自宅でできる簡単ホワイトニング法
聞き上手になるために実践すべき「5つの方法」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP