ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壊れたファスナーを、あっという間に直す方法(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファスナーのトラブルって、案外多いものです。お気に入りの洋服やバッグだったら大ショック。なんとか、直そうと四苦八苦するものの、徐々にイライラしてきて…「んっあ〜もう!」なんて経験ありませんか?

この動画で直し方を教えているのは、アメリカ西海岸で唯一のファスナー工場「UCAN Zipper USA」のスタッフ。プロの直伝の修理法をマスターすれば、いつまでもイライラしなくて済みますよ。

閉めている側から
ぱっくり…イラッ!

ファスナーのトラブルでよくあるのが、上の写真のようなスライダー(引き手金具の部分)を上げようが下げようが、ぱっくり開いてしまう現象。そもそも、どうしてこうなってしまうかと言うと、エレメント(左右から噛み合う務歯)を結合するのに大切な、スライダー部の噛み合わせが緩んで開いてしまっているからだそう。

そこで登場するのがラジオペンチ。

ラジオペンチを使って、スライダーの引き金具の左右を少し閉めます。これ、強すぎるとスライダーが動かなくなってしまうので要注意。少しずつ力をかけ、一度スライダーを動かして様子をみながら、閉めていくことがポイントだそう。

これだけで、エレメントは驚くほどに噛み合って、簡単に直ってしまいました。さらに、メンテナンスを加えるならば、エレメントがまっすぐになるよう、ラジオペンチを使って整えるのがベター。これで完璧。

もちろん、両サイドから引っ張っても外れません。ラジオペンチを工具箱に1本用意しておけば、いざというときにも安心!

Licensed material used with permission by UCAN Zipper USA

関連記事リンク(外部サイト)

【朗報】黒い洋服には「勇気がでる」効果があると判明!
【イタリア発】「風呂敷シューズ」がオシャレで履きやすい!
【女性必見】圧倒的に「疲れにくい」ヒールが誕生!(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP