ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョージ朝倉原作のマンガ「溺れるナイフ」が実写映画化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(C)ジョージ朝倉/講談社

累計発行部数140万部以上を誇るジョージ朝倉原作の人気マンガ「溺れるナイフ」の実写映画が決定した。

10代の少年少女特有の、剥き出しのナイフのような激しい心と心のぶつかり合いを描いた本作は、広く共感を呼び、映画化の声も多かった。監督には26歳の新鋭監督の山戸結希が決定。公開は2016年秋を予定している。キャストはまた表されていないが、続報を期待して待とう!

​■映画「溺れるナイフ」
監督:山戸結希
脚本:井土紀州 山戸結希
原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別冊フレンド」刊)
公開日:2016年秋を予定

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP