ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1995年生まれの5名の美術家企画展「95年画廊」阿佐ヶ谷・TAV GALLERYにて開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“1995年生まれのアーティストのみを扱う画廊”というコンセプトを掲げ、現在において最も新進気鋭という言葉がふさわしいアーティスト・コレクティブ「95年画廊」による企画展「95年画廊 拡張展「 ≠(not equal)」」が、10月17日 (土)から10月25日(日)で、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYにて開催される。

主催は、本年度「第18回 岡本太郎現代芸術賞」に史上最年少の19歳で入選を果たした気鋭の作家・吾妻吟。吾妻吟のほかに、同じく「第18回 岡本太郎現代芸術賞展」に入選・特別賞を受賞、フォーマリズムや新表現主義からの突出、3、4mをゆうに超える巨大な絵画作品で注目を集めている村井祐希をはじめ、4人の作家が参加する。

1995年生まれという最も新進気鋭の作家たちが、この時代をどのように「破壊」していくのか、是非、注目したい。

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP