ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一が、ディカプリオ主演映画の音楽を担当&日本公開は2016年4月

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽を坂本龍一が手がけることが決定した。

 実話からインスピレーションを受けた『レヴェナント:蘇えりし者』は一人の男のサバイバル・アドベンチャーと人間の偉大な精神力を描く真に迫った超大作。アメリカの未開拓の荒野深く、伝説の探検家、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は熊に襲われ、狩猟チームに瀕死のまま置き去りにされる。親友、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に裏切られた悔しさと悲嘆に暮れながらも、グラスは生き抜こうと立ち上がる。

 今回、初タッグとなるイニャリトゥ監督は「やっと龍一と協力することができてうれしい。彼は類まれな才能の持ち主で、私は長年にわたって彼の作品の大ファンだ。」とコメント。坂本も「今、世界で一番力のある監督と仕事をする機会を得て、これ以上に光栄なことはありません。」とコメントしている。本作は2016年4月、TOHOシネマズ 日劇他 全国ロードショー。

◎公開情報『レヴェナント:蘇えりし者』
2016年4月 TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
(C)2016 Twentieth Century Fox

関連記事リンク(外部サイト)

ブラジル最高勲章の渡辺貞夫 坂本龍一らとの活動で知られるジャキス・モレレンバウム参加の最新AL発表
坂本龍一×山田洋次『母と暮せば』、レコーディング風景解禁
NASAの重大発表を受け、マット・デイモンが火星でサーフィン?!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP