ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジ・アルバム・リーフ 2016年リリースのニューALから新曲を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米サンディエゴ出身のマルチ・インストゥルメンタリスト、ジミー・ラヴェルによるプロジェクト、ジ・アルバム・リーフが新曲「ニュー・ソウル」を公開した。

 エレクトロニック、アンビエント、トラディショナル・ラテン、70年代サイケ・ロックなど様々な音楽的要素を融合したジミー・ラヴェルによるプロジェクト、ジ・アルバム・リーフ。

 メンバーとして活動していたポスト・ロック・バンド、トリステザを脱退し、1999年にジ・アルバム・リーフとして『An Orchestrated Rise To Fall』でアルバム・デビュー。2001年の2ndアルバム『ワン・デイ・アイル・ビー・オン・タイム』をリリース後、シガー・ロスのワールド・ツアーのオープニング・アクトを務めたことで、大きな注目を集める。これまでに5枚のスタジオ・アルバムをリリースし、2013年にはサン・キル・ムーンのマーク・コズレックとともにコラボ・アルバム『Perils from the Sea』を発表している。

 2016年には、<サブ・ポップ>より2010年に発表された『ア・コーラス・オヴ・ストーリーテラーズ』から約6年ぶりのニュー・アルバム『Between Waves』をリリースするジ・アルバム・リーフが、収録曲「ニュー・ソウル」を公開。エレクトロニックの要素が加えられたフル・バンドによるインストゥルメンテーションとヴォーカル・ワークからは、新作の世界観を垣間見るとともに、プロジェクトの新たな進化が伺える。

◎「ニュー・ソウル」音源
http://bit.ly/1WYxlI3

◎リリース情報
「ニュー・ソウル」
ジ・アルバム・リーフ
2015/10/9 RELEASE
デジタル配信のみ

関連記事リンク(外部サイト)

ストーンズにとって初の全米1位となった「サティスファクション」が7インチ紙ジャケ仕様のCDシングルで発売
カート・コバーン 貴重な音源多数収録!話題ドキュメンタリーのサウンドトラックの全貌が遂に明らかに
ロジャー・ウォーターズ、ナイジェル・ゴッドリッチ プロデュースによる「ザ・ウォール・ライヴ」映画サントラ盤が11月リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP