体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AKB48グループ11名 島崎遥香主演映画『劇場霊』スピンオフドラマでヒロインに

AKB48グループ11名 島崎遥香主演映画『劇場霊』スピンオフドラマでヒロインに

 島崎遥香(AKB48)主演、中田秀夫監督最新作『劇場霊』(11月21日公開/松竹配給)のスピンオフドラマ『劇場霊からの招待状』の放送が決定した。

 伝説のホラー映画『女優霊』から20年……その後も『リング』『クロユリ団地』と傑作ホラーを生み出してきた映画監督・中田秀夫。最新作『劇場霊』は、嫉妬、憎しみ、怨念がうずまく閉ざされた“劇場”を舞台に、フルスピードで駆け抜ける恐怖で観る者を圧倒する最恐ジェットコースターホラーとなっている。主演はAKB48の島崎遥香。AKB48グループ全メンバーを対象とした中田監督によるオーディションを見事勝ち抜き、主演の座を獲得した。本格的な演技は初挑戦ながら過酷な撮影を見事にこなし、女優として開花したと中田監督も絶賛。

 そんな映画『劇場霊』のスピンオフドラマが、この度2015年10月クールで放送されることが決定した。ドラマのタイトルは『劇場霊からの招待状』。脚本を手掛けるのは、『クロユリ団地』『劇場霊』の三宅隆太・加藤淳也。そして中田秀夫も監督の一人として作品に参加。さらに、映画にも出演している小市慢太郎をナビゲーターに迎え、1話完結のオムニバスドラマを展開する。学校で、自宅で、病院で、そして劇場で……日常と地続きの世界にある、「私の身にも起こるかもしれない」理不尽な恐怖体験を提供する本気のホラードラマとなっている。

 ヒロイン(主演)は、ドラマ『アドレナリンの夜』で40名がホラーに挑戦すると発表され、話題沸騰中のAKB48グループより新たに選ばれた11名。ぜひ彼女たちの怪演に注目してほしい。

◎ドラマ『劇場霊からの招待状』
監督:中田秀夫、佐藤太、佐々木浩久、三宅隆太、木ノ本豪
脚本:加藤淳也、三宅隆太
音楽:川井憲次
放送局:TBS,MBS
初回放送:
TBS 10/16(金)27:22~
MBS 10/18(日)26:20~ 
※放送時間は変更になる可能性がございます。
※配信も予定
出演:
第一話 横山由依(AKB48 チームA)
第二話 岡田奈々(AKB48 チーム4)
第三話 入山杏奈(AKB48 チームA)
第四話 加藤玲奈(AKB48 チームB)
第五話 古畑奈和(SKE48チームKII)
第六話 中野郁海(AKB48 チーム8(AKB48 チームK兼任))小栗有以(AKB48 チーム8)
第七話 北原里英(NGT48)
第八話 向井地美音(AKB48 チームK)
第九話 高橋朱里(AKB48 チーム4)
第十話 木崎ゆりあ (AKB48 チームB)
ナビゲーター 小市慢太郎

◎キャスト・監督コメント

・中田秀夫監督(映画『劇場霊』、ドラマ第1話・第10話監督)
--ドラマ「劇場霊からの招待状」について
映画「劇場霊」はずばり劇場がホラーの舞台となっていますが、「劇場霊からの招待状」は「劇場」もあり、「巨大な洋館」や「病院」など様々です。幽霊譚もあり、サイコサスペンス、ブラックユーモアもありとバリエーションに富んだストーリーに加え、五人の監督たちの個性溢れる演出をお楽しみください。
--監督が演出されたAKB48メンバー横山さん、木崎さんについて
横山さんは、クランクインの日、トップバッターを務める緊張感に溢れていてとても初々しく感じました。それが最終日には堂々とした演技を見せてくれ、短期のうちの成長ぶりに目を見張りました。木崎さんは、女優としての実績を積まれているこれまでの経験と、彼女が持っている生来の演技センスの高さが光ったと思います。共演キャストの皆さんとの息もぴったりでした。二人とも、またぜひ一緒にお仕事させていただきたいです!
--AKB48グル―プ11人(アイドル)が各話主演という点について (※アイドルが女優として活動することの魅力)
AKB48グループの皆さんは、皆が「画面の真ん中」を目指して切瑳琢磨されています。その「私こそ!」という強い意志がドラマで主演女優となるときも、すごく役立つはずだと思います。「画面の真ん中」にしかも一人きりでいて、華やかに映える方たちだと思います。それぞれのヒロインの魅力をお楽しみください。

・横山由依(第1話・主演)
今回初めて、ホラーをやらせて頂きました。身近に潜む怖い出来事のお話です。中田監督の撮影では、学ぶことがいっぱいありました。 一生懸命トライしたので、是非、観てください!

・入山杏奈(第3話・主演)
2日間あっという間の時間でしたが、撮影は、寒い、遠い、そしてホンモノの廃墟で埃っぽい、電気もない、ということで大変でした! 演技面では、普段はあまり表情がない方なので、意識して演技しました。悲鳴を上げるシーンではのどが痛くなりました。。今回の劇場霊のドラマは、皆それぞれ違う話ですが、私が担当した話はホラー度の高いホラー作品に仕上がっていると思いますので、ぜひご覧いただき、怖さを一緒に体感してほしいです。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。