ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたは「依存症」です。それを伝えるために、写真から「あるもの」を消しました。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなかったでしょう。Pickersgill氏はデジタル加工を施し、写真の中からあるものを消し去ったことで、人々の目を作品に向けました。
それぞれの写真を見れば答えは明快。こうして消えてなくなると、普段からどれだけ私たちが、ソレに依存しているかがよく分かります。

スマホのない日常が
“非日常”に思える写真

このプロジェクトを閃いた日の出来事を、Pickersgill氏は鮮明に記憶していると公式サイトに綴っています。

ある朝、地元ニューヨーク州のカフェで食事をしていると…。隣の席に家族連れがやってきたそう。彼らはほとんど話をしないで、父と二人の娘は、自分の携帯電話ばかりいじっている。お母さんだけは携帯を持たずに、ただ黙って窓の外を見ていた。
いたたまれず悲しくなったのと同時に、「これがスマホ普及による社会的影響」だと痛感した彼は、日常のシーンからスマホやデバイスをあえて切り抜くことで、作品を見る人たちに“非日常”を伝えようとプロジェクトを開始したそうです。

スマホやタブレットなど、デジタル端末の世界的普及は加速度を増し、いまや人々が顔を合わせて話し合うよりも、スマホの画面を通して、SNSで近況を報告し合う方が、どこか日常を感じることも。道端で誰かにばったり出会って笑顔を交わす。そんな機会も、スマホの画面に目を落とし歩くことで、どんどん減ってきているのかもしれません。
アメリカのリサーチ会社「Pew Research Center」の調べによると、SNSを日常的に利用する人の割合は、2005年の統計開始以来、この10年で約10倍の65%にまで達しているという結果が出ました。この数字、じつは日本でもほぼ同等で、2015年末の時点で、利用者数はおよそ63.7%になる見通し(株式会社ICT総研調べ)だそう。

視界わずか40センチの
孤独な世界観

最後の写真に映る左端の男の子だけが、唯一カメラ目線なことが、逆に違和感を与える“非日常”ような気がしてきませんか?

Reference:Pew Research Center
Licensed material used with permission by Eric Pickersgill

関連記事リンク(外部サイト)

イギリスで発見された「鋼鉄の妖精」の魅力が世界中で話題に!美しすぎる・・・
CG加工一切なし!人間の眼球を撮影したら、とんでもないことになっていた
鬱病の精神状態を、自ら写真に収めたフォトグラファー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP