ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の反日運動「韓国人は優秀なのに…」の思いが根底にあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「慰安婦」「竹島」に限らず、韓国では繰り返し反日的な動きが起きている。もちろん、政府が国民の不満の矛先をそらそうと政治的に「反日ムード」を作っている側面もあるが、根底には韓国人が持つ「日本人はもともと野蛮な存在」だという意識があると、鄭大均・首都大学東京特任教授は指摘する。

 * * *
 韓国の日本大使館前で毎週行われる、“慰安婦問題”に対する水曜デモは1100回を超えた。2011年12月に1000回を記念して「慰安婦像」が設置されたことは記憶に新しい。こうした反日的な行動は、竹島問題や靖国問題などことあるごとに噴出する。

 まず言っておきたいのは、韓国には反日の一方で、日本に対する称賛や憧憬の感情も少なからずあるということだ。日本は経済的に成功した国であることに加え、親切で勤勉で忍耐強い国民がいると考えられている。日本は憧れを持って語られ、時に見習うべき対象とされることもある。

 だからこそ、時に反日は嫉妬と入り混じったルサンチマン(恨み)の感情という様相を呈する。

 憧憬だけでは嫉妬は生まれないし、恨みだけでも嫉妬心は生まれない。そこには「自分たちのほうが優れた民族であるのに、日本人のほうがいい目にあっている」という思いが根底にある。

 韓国人の日本人に対する嫉妬には、伝統的な華夷思想の影響もある。華夷思想とは世界を華と夷に分けて眺める中華文明的な世界観で、夷狄を野蛮人として蔑視する思想である。その「華夷秩序」の中で、韓国人には自らが文化的に中国に近いという意識があり、日本は自分たちより文化的に劣等であるという認識がある。

 その思想は韓国の歴史の教科書にも見られる。たとえば、韓国の高校生用の歴史教科書には新羅、百済、高句麗の三国時代の日本との関係に触れた記述に繰り返し、「伝播」「伝授」の言葉が登場する。

〈新しい文物を持って日本に渡ったわが国の人々は、土着社会の日本人を教化した。(中略)儒教の五経と絵画を教え、紙と墨の製造法を伝授した〉

〈わが国からの流移民が日本列島に渡り、先進技術と文化を伝授し、大和政権を誕生させ、古代飛鳥文化の成立に貢献した〉(国史編纂委員会編、一九九六)

 といった調子である。古代における朝鮮半島と日本列島の関係は、「交流」の歴史であるが、韓国は半島側の「文化的先進性」や「優越性」を前提に「伝授」したことを強調することが常だ。
 
 だから、韓国で教育を受けた韓国人には、日本文化に対する軽視や蔑視の態度が強くある。一方には日本人の行動様式に対する称賛の態度や感情があっても、その両者のズレが矛盾として自覚されることは少ないのだ。その劣等なはずの日本が経済的に成長し、自分たちを追い越してしまった。しかし、それは「自分たちが経験したような苦労とは無縁であるゆえに可能な成功である」と考えられやすい。
 
 近年は、アメリカなどグローバル社会で活躍している韓国人ビジネスマンも多い。彼らのなかには韓国の外にいるからこそ見えてくる日本文化の力や魅力に気付く者も少なくない。アメリカにいてもフランスにいても、自文化と日本文化との間には大きな差があることがよく分かる。

 しかし海外にいても、日本人たちは引っ込み思案で内向きに見え、一見無能に映る印象もある。「われわれ韓国人は優秀で、もっと成功してしかるべきなのに、なぜ日本が国際社会で認められるのか」という嫉妬の感情はここにも生まれる可能性があるのだ。

※SAPIO2015年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する
「活版印刷」と「羅針盤」 韓国が起源は韓国人の間では常識
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP