ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中川翔子、Zeppライブで“ラスボス”小林幸子と激しくぶつかりあう圧巻のステージ披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月11日にZepp DiverCity Tokyoにて、中川翔子の秋のワンマンツアー「SHOKO NAKAGAWA LIVE TOUR 2015〜みらくる?LUCKY POP〜」が開催された。

しょこたん❤さっちゃん(しょこたんだいすきさっちゃん)として、10月28日に新曲「無限∞ブランノワール」をリリースするが、そのコラボ相手・小林幸子が出演するなど見どころ満載のライブとなった。

毎秋恒例となっている、バンドを従えた中川のワンマンライブ。今年は、アメリカンポップな世界観で構成されたツアーということで、赤いメイド風のキュートな衣装に身を包んで登場し、1曲目からライブツアーのタイトルのもとにもなった「LUCKY DIP」を歌唱。今春にスマホゲーム『白猫プロジェクト』、『魔法使いと黒猫のウィズ』のCMソングとなっていた耳馴染みのあるポップなメロディに、ファンの盛り上がりもいきなり最高潮に達すると、立て続けに「diamond high」を披露した。

2曲歌い終わった中川は会場に集まった約1,300名のファンに向けて、「来たぞ!Zepp DiverCity Tokyo〜〜!!盛り上がる準備はできてるかぁ〜!!」と、呼びかけるとと張り切れんばかりの歓声が上がった。

エレガントな衣装を身にまとい歌いあげた「綺麗ア・ラ・モード」後のMCでは「実は先程、小林幸子様から美肌ドリンクの差し入れ頂いたのです!これでお肌つるつるになれます!幸子様様です!本当にありがとうございます!」と語るなど、小林幸子との親交の良さが伝わった。

自身の代表曲「空色デイズ」を歌い終えると、「今日は本当にありがとう!ツアーを回らせてもらえて、皆と一緒に過ごすことができて本当に感謝でいっぱいです。みんなに会えた私は幸せ者です!!」と感謝を述べた。「これからもみんなの夢がたくさん叶いますように!私も頑張るから応援よろしくね!」と前置きをすると、アニメ『ポケットモンスターXY』のエンディングテーマとしてもおなじみの「ドリドリ」を歌唱。ファンと一緒にタオルを回して盛り上げ、本編を締めくくった。

アンコールでは、いまや若者やネット―ユーザーを中心に“ラスボス”の愛称で親しまれている、歌謡界の大御所・小林幸子が登場。待ちに待った“ラスボス“様の降臨に、会場のファンからは大歓声があがると、中川は「レジェント中のレジェント、スーパーレジェントである小林幸子様がいらっしゃいます!!生バンドで、ラスボス様と一緒に歌えるのはこの日のみです!楽しみだぁああ〜!ドキドキ、心してお呼びさせて頂きたく思います!ラスボ様〜〜!!!!!!」と紹介しステージに迎え入れた。

「ラスボス様に立ち向かうために、会場のみんなも一緒に戦ってほしい」と中川が呼びかけると、片手に持った金の扇を“∞”の形に扇ぐ最新曲「無限∞ブランノワール」の振付をレクチャーした。ヒャダインこと前山田健一が作詞・作曲を務めた新曲は、「勇者」の中川が闇を制する圧倒的な「ラスボス」として降臨した小林幸子と激しいバトルが繰り広げる“和メロ”ロックな楽曲に仕上がっている。

白い和装の中川がラスボスに対抗すベく全力で歌い上げると、黒いラスボス風衣装の小林は貫録のこぶしをきかせて対抗し、会場中の視線を集める2人の掛けあいは、曲のテーマである「ブランノワール(光と闇)」のごとく激しくぶつかりあう圧巻のステージとなった。

ライブ情報
「SHOKO NAKAGAWA LIVE TOUR 2015 〜みらくる?LUCKY POP〜」
10月23日(金)  Zepp Nagoya
10月25日(日)  Zepp Namba

リリース情報
シングル「無限∞ブランノワール」
アーティスト名:しょこたん❤さっちゃん(読み:しょこたんだいすきさっちゃん)
2015年10月28日発売

完全生産限定盤(CD+DVD+描き下ろしイラストパッケージ仕様)SRCL-8902~8903 1,852円+税

初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-8904~8905 1,574円+税

通常盤(CD only)SRCL-8906 1,204円+税

関連リンク

中川翔子 オフィシャルサイトhttp://www.shokotan.jp/
中川翔子Sony Music オフィシャルウェブサイト「しょこ★たいむ」http://www.sonymusic.co.jp/artist/ShokoNakagawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP