ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペルーを味わう異国料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月9日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、午後19時56分~)では、安住紳一郎さん、鈴木亮平さん、美保純さんなど4人が東京都内にある世界遺産に関連したスポットを巡り、「ペルー料理・ナスカ」(東京都港区)を訪れた。

店頭に鎮座するリャマの置物をさして鈴木亮平さんが「ペルー感でてますよ」と言うように、同店はペルー料理の味わえるお店。雰囲気づくりはバッチリで、店内にもペルーの世界遺産である「ナスカとフマナ平原の地上絵」と同じ絵柄が各所にちりばめられている。

さっそくペルー料理を味わうことにした4人、まず手をつけたのは「アンティクチョス」。南米ではポピュラーな屋台料理だというこのメニューは、牛ハツを直火で焼いた串焼きだ。串から直接お肉を食べた鈴木亮平さんが「あっ、スパイシー! こういう味なんだ」と声をあげると、美保純さんも「味がしみこんでる、お肉に」とコメントした。

ペルー特産の唐辛子のパルメザンチーズを使った「アヒ・デ・ポヨ」はお店の一番人気。鳥肉とジャガイモのクリームチーズ煮で、安住紳一郎さんは「落ちついた和食のような味ですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ペルー料理 ナスカ ~NAZCA~ 南青山店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:六本木のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:アジア・エスニック料理のお店紹介
ぐるなび検索:六本木×アジア・エスニック料理のお店一覧
スープカレー「チキン涅槃」
ヨーグルトづくしのつけ麺

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP