ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代人にピッタリ!スマホと連動、1アクションで折りたためる、軽くて丈夫なスマート自転車が大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫
GiFlyBike

今、クラウドファンディングKickstarterで注目を集めている“未来型自転車”がある。Lucas Toledo氏らが開発している「Gi FlyBike」だ。

自転車本体は、航空機と同グレードの、丈夫で軽い、リサイクル可能なアルミニウム合金でできている。

・電動付き自転車なのに、重さは17Kgほど

電動付き自転車ながら、約17キログラムという軽さ。しかも1アクション、わずか1秒で半分の大きさに折りたためるというコンパクトさに加え、スマートフォンと連動するスマート自転車でもある。

・専用アプリと連動

GiFlyBike2

ワイヤレスでスマートフォンに接続し、専用アプリを通じて、自転車に適したルートのナビゲーションを表示することもできる。

・オートロック、USBチャージャーの機能も

また、万が一、自転車のロックをかけ忘れてしまったとしても、自転車から5メートルほど離れると、アプリがそれを検知し、オートでロックがかかる安心の機能付き。

友だちに自転車を貸すときには、アンロックコードを送信することもできるという。

GiFlyBike3

ところで、スマートフォンのバッテリー残量が気になる現代人にとって、非常に嬉しい機能がこの「Gi FlyBike」にはある。それがUSBチャージャーの機能だ。

ペダルを漕ぐと発生するエネルギーを電子デバイスの充電にあてられるので、万一の際にも心強い。

電動アシストは3パターンから選べるようになっており、最大時速25キロメートルを出すことが可能。

・Kickstarterで出資受付中

見た目もスタイリッシュで、機能性は抜群、まさに未来型の自転車「Gi FlyBike」は、Kickstarterで11月3日まで出資受付中。

Gi FlyBike

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。