ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AppChecker : Android 6.0 MarshmallowのAPIをサポートしているインストール済みアプリを確認できるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インストール済みのアプリが Android 6.0 Marshmallow に対応しているのかどうかを確認できる(特に新しいパーミッションモデル) Android アプリ「AppChecker」が Google Play ストアにリリースされました。AppChecker は、アプリに設定されている TargetAPI をベースに、インストール済みアプリがどの OS バージョン向けに最適化されているのかを確認できます。アプリのメイン画面にはインストール済みアプリがリスト表示され、各アプリの右側に表示されるバージョンごとのマスコットでターゲットを確認できます。「Marshmallow」と表示されている場合は Android 6.0 の API をターゲットに作成されていることになります。ただ、Android アプリはある程度の互換性を持っているので、ターゲットバージョンと端末のバージョンが違う場合でも問題なく動作する場合がほとんどです。端末のバージョンに合っていないからと言って動作しないとは限りません。「AppChecker」(Google Play)

■関連記事
Google、Cardboardのグローバル展開を発表、アプリが日本語化、ストリートビューも対応
Samsung、ゲームアプリの映像解像度とフレームレートを下げて端末への負荷を軽減する「Game Tune」アプリをリリース
「Droid Turbo 2」の名前やコードネーム、搭載プロセッサが判明、プリインの壁紙画像も流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP