ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ディズニー、『Mr.インクレディブル』続編や『カーズ』最新作を含む19作品の公開日を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ディズニーが2020年までに制作する19作品の公開スケジュールを発表した。ピクサーの『カーズ』シリーズ最新作『Cars 3(原題)』を2017年夏に、『Mr.インクレディブル』の続編となる『The Incredibles 2(原題)』を2019年に公開する。

また、『トイ・ストーリー』シリーズ最新作となる『Toy Story 4(原題)』の公開日を1年遅らせ、2017年6月16日から2018年6月15日に変更した。

19作品の中には6つのマーベル作品が含まれる。『アントマン』の続編、『Black Panther(原題)』、『Captain Marvel(原題)』、さらにマーベル・シネマティック・ユニバース(マーベル・ スタジオが製作するアメリカン・コミックヒーロー作品が共有する架空の世界及び作品群)のフェーズ3に計画されたタイトル未定の3作だ。

『アントマン』の続編となる『Ant-Man and the Wasp(原題)』は2018年7月6日に公開し、タイトル未定の3作品はそれぞれ2020年5月1日、2020年7月10日、2020年11月6日の公開を予定している。

さらに、ディズニーとマーベルは『Black Panther(原題)』の公開日を当初の予定よりも5か月早め、2018年7月6日から同年2月16日に変更した。チャドウィック・ボーズマンが主人公のブラックパンサー役を演じ、2016年公開の『キャプテン・アメリカ』シリーズ次回作『Captain America: Civil War(原題)』にて初登場する予定だ。

『Captain Marvel(原題)』の公開日は8か月早まり、2018年11月2日から同年3月8日へと変更された。

また、ディズニーはこの6週間に全世界で40億ドルの興行総収入を上げ、従来のスタジオ記録を上回る成績を収めたことを発表した。10月7日時点で、スタジオは米国とカナダで14億ドル、その他の海外で26億ドルを稼いでいる。

その他の情報は以下の通り。

・2017年11月22日に公開されるピクサーのアニメーション作品のタイトルが『Coco(原題)』に決定(公開日は以前のアナウンス通り)。

・2017年12月22日近辺にタイトル未定のディズニーのおとぎ話(実写作品)を予定。

・2018年3月9日に公開されるディズニーのアニメーション作品のタイトルが『Gigantic(原題)』に決定(公開日は以前のアナウンス通り)。

・2018年11月2日近辺にタイトル未定のディズニーのおとぎ話(実写作品)を予定。

・2019年3月29日近辺にタイトル未定のディズニーのおとぎ話(実写作品)を予定。

・2019年4月12日近辺にタイトル未定のディズニートゥーン・スタジオが製作する作品を予定。

・2019年11月8日にタイトル未定のディズニーのおとぎ話(実写作品)を予定。

・2020年3月13日近辺にタイトル未定のピクサーのアニメーション作品を予定。

・2020年6月19日近辺にタイトル未定のピクサーのアニメーション作品を予定。

・2020年11月25日近辺にタイトル未定のディズニーのアニメーション作品を予定。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP