ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エビ中×サークルKサンクス、ハロウィンイベントに総勢200名の仮装者が集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私立恵比寿中学が、10月12日東京・山野ホールにて「HAPPY HALLOWEEN 私立恵比寿中学 仮面舞踏会」を開催した。これは、10月13日全国のサークルK・サンクスで展開する「フライドチキンでハッピーハロウィン」に先駆けたイベントとなる。

ライブには、サークルKサンクスの特設サイトで募集し、抽選された約200名が来場。ドレスコードには“仮装”が指定され、14:00のドアオープンに合わせ、会場は思い思いの仮装に身を包んだ観客で埋め尽くされた。

ライブは、本イベントのテーマでもある「仮面舞踏会」にかけ、プロの社交ダンサーによる優雅な舞いでスタート。その後ステージは暗転。一瞬静まり返る会場に突然、ステージではなく、会場横の入場扉にスポットライトが当たり、そこにはポーズを決める真山りかと柏木ひなたの姿が。メンバーは4組4カ所に分かれ、順々にサプライズ登場し、会場のボルテージは一気に最高潮へ達した。

私立恵比寿中学のメンバーは、貴婦人を思わせるドレスに身をまとい、また、この日のためにデザインされた特製アイマスクを着用。ステージ上で歌い、踊る様子は、まさに“仮面舞踏会”そのもの。10月21日に発売される「スーパーヒーロー」や人気曲「ハイタテキ!」「金八DANCE MUSIC」など、計7曲を披露。会場は大いに盛り上がった。

ライブ途中にはオフィシャルサポーターを務めるサークルKサンクスのフライドチキン3種(「こだわりチキン」「フライドチキン」「旨辛フライドチキン」)がステージに運ばれ、キャンペーンの告知と美味しさをしっかりとアピール。メンバー同士で軽妙な掛け合いで会場を楽しませた。

ライブ後には、一般来場者との記念写真の撮影会も実施。廣田あいかの発案で撮影の掛け声は「スーパーヒーロー」に決定。エビ中メンバーと来場者200人で叫ぶ「スーパーヒーロー」の合言葉でライブは大盛況のうちに終了となった。

囲み取材では、「普段ステージ衣装を着る事はあっても、実際の仮装をすることがないので、夢は仮装して渋谷の街を歩くこと」と語っていた。

関連リンク

私立恵比寿中学 オフィシャルサイトhttp://www.shiritsuebichu.jp
私立恵比寿中学 YouTubeチャンネル「エビちゃんねる!」http://www.youtube.com/ebichusmej

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP