ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30代女性が「知らない」では済まされない、7つのコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

biyounopro1150811548715243-211-1038x576
平野 宏枝

平野宏枝

ビューティーコーディネーター

美をテーマに様々な角度から女性を美しく豊かに導くコンテンツを提案。現在、美容のプロを集めたエージェンシーBICHELINのプロデューサー。美容ライター、商品プロデュース・監修、PRコンサルマーケティングなど、多彩な活動を行う。プロデュース商品『美爪の休日』は、累計売上本数31万本突破した。現在、日本とLAを行き来したDualスタイルで、「心地がいい、気持ちがいい」ナチュラルライフを実践中。

20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、どんなこともぶれずに進んでいけるはず。要はバランスが肝心なのです。私が考える、大人の女の条件をお教えします。

biyounopro1150812-05

 01.
自分史上最高の笑顔を知る

biyounopro1150815-001

職場で見せる笑顔、さりげない微笑み、楽しいときの顔…。

女性の笑顔から放たれるエネルギーはとっても偉大。周りにいる人までハッピーにさせるのです。だからこそ、ただ思うがままに笑うのではなく、笑い方にも気を配りたいもの。ガハハと大笑いしてしまう、自然に笑えずひきつってしまう、なんていうのはもったいない。鏡やセルフィー(自撮り)を使って、自分にとっての最高の笑顔とは何か?を探してみましょう。

02.
居心地のいい場所を
見つける

日常生活に追われていると、息抜きだって時には必要。大人の女性こそオンとオフの切り替えが上手なのです。自分にとって最高に心地いい場所を見つけてみませんか?

身近な場所でいうと、カフェ、公園といった自分だけのサードプレイスを作るのもオススメ。もしも、時間とお金に余裕があるなら一人旅に出るのもアリです。あえてWi-Fiの届かないエリア、時間の流れがゆったりとした場所に行ってみるのもいいでしょう。そういう時こそ、クリエイティブになれて、いいアイデアが降ってくるものなのです。

 03.
「マイブランド」を持つ

biyounopro115081231

あなたにとって、お気に入りのブランドがありますか?デニム、帽子、ハイヒール…、なんでもいいのです。流行に左右されず、自分が一番似合っていると胸を張って言えるもの。それがあなたの「マイブランド」であり、強みとなります。20代でいろいろ冒険したからこそ、30代でマイブランドが確立されるのです。

時代や他人に迎合するなんてナンセンス。心地いいもの、誇れるもの、ブレないものを何かひとつ持っているだけで、女に磨きがかかります。

 04.
自分の魅力を引き出す
メイク術を知る

その人にとって、どんなメイクがベストなのかというのは、顔のパーツ、年齢、しかも、シーズンによっても変わっていきます。いわゆる流行にのった雑誌のメイク術をコピーするのではなく、自分の魅力を最大限に引き出すにはどうしたらいいのかを知ることが大切。大人の女性なら常識としてもちろん、わきまえていることですが、公共の場でメイクするのは控えましょう。

 05.
人間関係の壁を作らない
選り好みをしない

biyounopro115-18713

性別や年齢、上下関係で壁を作らない、選り好みをしない。これこそ、きちんとした人間関係を築ける大人の女性の条件だと言えます。自分が無理をしすぎず、気持ちの良い付き合いができると、仕事もプライベートもチャンスも広がっていくのです。

人によって声のトーンを変えたり、失礼な態度をとったりしないこと。そうすれば、相手にとって“記憶に残る素敵な女性”でいられるはずです。

06.
身体を内側からケアする

30代を目前にすると、お肌のトラブルや老化にも敏感になってきます。とはいえ、20代の頃は化粧水、乳液、美容液とお金をかけていた人も、これからは過剰にやらない方がいいでしょう。シンプルなケアにした方が肌の調子が良くなったという声も聞きます。

また、身体の外側からだけでなく、内側からもしっかりアプローチしましょう。食べ物や飲み物など、身体の中に取り入れるものも意識して選ぶといいです。

 07.
感謝の気持ちを
手紙にしたためる

shutterstock_196546745

いまの自分があるのは周りの人のおかげ。そういう気持ちがあるなら、感謝の言葉を手紙や絵ハガキにしたためて、家族や友人、お世話になった人に送ってみましょう。凝った文章である必要はありません。ごく簡単なメッセージで、さりげなく気持ちを伝えるだけでいいのです。たった一通の便りが相手の心に強く響くはずです。

思いついた瞬間、空き時間にと、いつでもさっと取り出せて書けるよう、レターセットやハガキを常備しておきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

本気で信頼されるリーダー「7つの秘訣」。口癖は・・・
あなたの魅力を多くの人に伝える「7つの秘訣」
アメリカではなく、日本の話!先進企業のユニークな人事評価制度

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。