体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30代女性が「知らない」では済まされない、7つのコト

biyounopro1150811548715243-211-1038x576 平野 宏枝

平野宏枝

ビューティーコーディネーター

美をテーマに様々な角度から女性を美しく豊かに導くコンテンツを提案。現在、美容のプロを集めたエージェンシーBICHELINのプロデューサー。美容ライター、商品プロデュース・監修、PRコンサルマーケティングなど、多彩な活動を行う。プロデュース商品『美爪の休日』は、累計売上本数31万本突破した。現在、日本とLAを行き来したDualスタイルで、「心地がいい、気持ちがいい」ナチュラルライフを実践中。

20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、どんなこともぶれずに進んでいけるはず。要はバランスが肝心なのです。私が考える、大人の女の条件をお教えします。

biyounopro1150812-05

 01.
自分史上最高の笑顔を知る

biyounopro1150815-001

職場で見せる笑顔、さりげない微笑み、楽しいときの顔…。

女性の笑顔から放たれるエネルギーはとっても偉大。周りにいる人までハッピーにさせるのです。だからこそ、ただ思うがままに笑うのではなく、笑い方にも気を配りたいもの。ガハハと大笑いしてしまう、自然に笑えずひきつってしまう、なんていうのはもったいない。鏡やセルフィー(自撮り)を使って、自分にとっての最高の笑顔とは何か?を探してみましょう。

02.
居心地のいい場所を
見つける

日常生活に追われていると、息抜きだって時には必要。大人の女性こそオンとオフの切り替えが上手なのです。自分にとって最高に心地いい場所を見つけてみませんか?

身近な場所でいうと、カフェ、公園といった自分だけのサードプレイスを作るのもオススメ。もしも、時間とお金に余裕があるなら一人旅に出るのもアリです。あえてWi-Fiの届かないエリア、時間の流れがゆったりとした場所に行ってみるのもいいでしょう。そういう時こそ、クリエイティブになれて、いいアイデアが降ってくるものなのです。

 03.
「マイブランド」を持つ

biyounopro115081231

あなたにとって、お気に入りのブランドがありますか?デニム、帽子、ハイヒール…、なんでもいいのです。流行に左右されず、自分が一番似合っていると胸を張って言えるもの。それがあなたの「マイブランド」であり、強みとなります。20代でいろいろ冒険したからこそ、30代でマイブランドが確立されるのです。

時代や他人に迎合するなんてナンセンス。心地いいもの、誇れるもの、ブレないものを何かひとつ持っているだけで、女に磨きがかかります。

 04.
自分の魅力を引き出す
メイク術を知る

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。