ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おしゃれなカフェが急増中!ドイツ・ベルリンのおすすめカフェ5つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Photo credit: Momo Naito「ベルリン、ポツダム、少々フランクフルト 徒然なるままにぶらり旅」

Photo credit: Momo Naito「ベルリン、ポツダム、少々フランクフルト 徒然なるままにぶらり旅

サッカー日本代表の数名が活躍しているドイツ。その影響もあり、以前より身近に感じている人もいるかもしれませんね。ドイツの中でも特にベルリンは、おしゃれなカフェがたくさんある都市だと知っていますか? 

ゆったりとした街の雰囲気と、利用可能な土地や店舗がまだまだ数多く残っていることから、近年新しいカフェが増え続ける話題のスポットになっています。あまりにも素敵なカフェがたくさんあるので、選ぶのに迷ってしまう人もいるくらい。そこで、今回は海外留学のEFが、おすすめするベルリンのカフェ5つをご紹介します。

1. CAFE FLEURY

「Cafe Fleury」はミッテ地区の住宅街にあるおしゃれなフレンチカフェ。サービスはアットホームで、コスパもよく、コーヒーもおいしくて、何よりもランチメニューのキッシュと女性に嬉しい小粒のデザートがおすすめです。朝食から夕食まで、1日を通して食事を楽しめるので、使い勝手も抜群です。

2. DISTRIKT COFFEE

Photo credit: wolfB1958 Flat White @ Distrikt Coffee via Flickr (license)

Photo credit: wolfB1958 Flat White @ Distrikt Coffee via Flickr (license)

同じミッテ地区にある「Distrikt Coffee」は、こじんまりした店舗でベルリンでも最高のコーヒーと朝食(グラノーラ、パンケーキ、アボカドトースト、スクランブルエッグなど)を提供しています。カフェインを控えたい場合は「single-shot drink」と注文するのを忘れずに。

3. BONANZA

ベルリンで最も評価の高いコーヒーを飲める「Bonanza」は、素朴な店舗でコーヒーが大好きなスタッフと出会えます。コーヒー好きなら一度は足を運ぶべき! こちらも同じくミッテ地区にある「Mauerpark(マウアー公園)」の近くで見つけることができますよ。

Photo credit: Premshree Pillai Bonanza Coffee Heroes via Flickr (license)

Photo credit: Premshree Pillai Bonanza Coffee Heroes via Flickr (license)

4. KASCHK

北欧風のコーヒーが好きな方には「Kaschk」がおすすめ。北欧テイストのインテリアで統一された店内では、コーヒーだけではなくビールも楽しめます(ドイツでアルコールは18歳以上)。宿題やレポートを終わらせたいならWi-Fiが完備された店内で、おいしいコーヒーをいただきながら集中するのもアリですね。

5. CONCIERGE COFFEE

シュプレー川を南に下ると、美しいカフェを見つけることができます。店内に座席はなく、テイクアウトのみの小さなコーヒーショップ。新しい店舗なので、地元の人にもまだまだ知られていないかもしれません。「Concierge」のおすすめは、フラットホワイトコーヒーとアップルパイ。「パウル=リンケ=ウーファー通り(Paul-Lincke-Ufer)」にありますよ。

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける)

Photo by: Momo Naito「ベルリン、ポツダム、少々フランクフルト 徒然なるままにぶらり旅

ベルリンの旅行記はこちら

*Momo Naito「ベルリン、ポツダム、少々フランクフルト 徒然なるままにぶらり旅

*Misaki Tachibana「都会なのに素朴、首都なのに気取らない、ベルリン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。