ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラで嫁いびり役を担う萬田久子 視聴者増やすスパイスに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「嫁に来るあおいさんをどうやっていじめようかしら。耐えてくださいね」──NHK朝ドラ『あさが来た』の製作発表で、堂々の“嫁いびり”を宣言したのは萬田久子(57)だ。

 彼女は宮崎あおい(29)演じるヒロインの姉・はつの嫁ぎ先である大阪の豪商、山王寺家の義母・菊役を演じる。劇中での登場はまだ先だが、NHK関係者が明かす。

「萬田さん演じる菊は、嫁いできたはつを煙たがり、彼女を暗い蔵に閉じ込めたり、商売が傾くと『あんたが嫁いできてからええことあらへん! この疫病神が!』と罵倒するシーンがある。そのときの萬田さんの演技は、思わず殴ってやりたくなるほど、嫌味な感じでした(笑い)」

 前作『まれ』でも、土屋太鳳(20)演じるヒロインが嫁ぎ先の姑からいびられるなど、最近の朝ドラでは“嫁いびり”が定番。中でも話題を呼んだのが『マッサン』だ。同作では泉ピン子(68)演じる姑が、スコットランドからやって来た嫁(シャーロット・ケイト・フォックス、30)を「外国人の嫁は絶対認めまへん!」などと強烈に虐げるいびり芸を披露した。その効果もあってか、『マッサン』は平均視聴率21.1%の大ヒット。

 そんな“ヒットの法則”にあやかろうとしているのか、萬田はピン子を強く意識していた。製作発表で「いびり役の心構え」を聞かれた際には、「ピン子さんの写真を胸に抱いて臨もうかしら」と挑戦的に答え、「普段から仲良くしないほうがいいのかな」と宮崎を不安がらせた。

 ドラマに詳しい上智大学の碓井広義・教授(メディア論)が語る。

「『マッサン』では、ヒロインがピン子さんのいびりに屈しない姿に共感し、前半戦で視聴者を増やした。いびりは朝ドラの“スパイス”なんです。ですから宮崎さんが萬田さんにいびられるほど、視聴者は応援して見続けるはずです」

 萬田が視聴率を左右するか。

※週刊ポスト2015年10月16・23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラ『マッサン』 相武紗季の「いびり芸」が最高のスパイス
『ごちそうさん』で話題の嫁いびり 過去にはおしん、渡鬼でも
悪役ピン子でエリーに共感「NHKとピン子の戦略勝ち」と識者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。