ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小顔や美肌など相乗効果でやすい顔ヨガ 人間関係にもプラス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シンメトリー顔で大きな瞳、美しい肌のタンゴダンサーで顔ヨガ講師の間々田佳子さん(43才)。このほど監修した最新刊『日めくり まいにち、顔ヨガ! 1回10秒で小顔&若顔になる』は卓上&壁掛け式で「これなら続けられる」と話題となっている。

 そんな間々田さん、38才までは「たるみ顔」で「デカ顔」、さらに、顔中吹き出物だらけだったと言う。それを変えたのが、顔ヨガだった。その顔ヨガについて、間々田さんに話を聞いた。

「仕事のプレッシャーなどで大人ニキビの酷い時期がありまして、そのせいで男性とのお付き合いも億劫になっていました。ニキビ面の上、ダラ~ンとたるんだ頬、眉間にしわ、深く刻まれたほうれい線では、恋愛に前向きにはなれないですよね」(間々田さん・以下「」内同)

 笑顔が苦手で無表情、緊張すると常に顔がこわばっていた。そのため肌の弾力はゼロ、硬くなった顔の筋肉は重くなり顔全体がたるんでいた。なんとかしたくて5年前、辿りついたのが顔ヨガだった。

「“顔は筋肉でできているから、鍛えれば引き締まる”と意識すると、みるみる顔に変化が! 嬉しいことに、顔の新陳代謝がよくなるとターンオーバーのサイクルが早くなり、長年苦しんでいたニキビ面から美しい潤い肌に変わっていきました」

 小顔やほうれい線解消、たるみ除去、美肌など相乗効果が出やすい顔ヨガ。人間関係にもプラスの効果があるという。

「表情が豊かになると、“良いことあったの?”“雰囲気が変わったけど恋人でもできたの?”と周りの人から声をかけられるようになり、さらに仕事もプライベートも好転。顔ヨガで人生が開花しました」

撮影■浦川一憲(ビフォー写真以外)

※女性セブン2015年10月22・29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
若返りを図る「顔ヨガ」 早ければやった翌日に効果発揮も
ほうれい線対策にお勧め「顔ヨガ」 注意点とそのやり方を紹介
38才の時ブルドッグ顔で悩んだ女性 顔ヨガして40才で小顔に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP